晩婚、高齢出産・育児であたふたしている高齢ママのブログ

40歳で結婚、41歳で出産、現在魔の二歳児と格闘中です。日々の出来事をつらつらと語っていきます。

スポンサーリンク

静岡旅行2日目(2) 富士山2合目の遊園地『ぐりんぱ』へ

スポンサーリンク

 前記事はこちら。 静岡旅行2日目(1)富士山2合目の遊園地『ぐりんぱ』へ

 

 静岡旅行2日目の記事はちょっと写真が多めになります。

 

 『ぐりんぱ』へ到着

 少し遅くなったが、10時半頃に富士2合目にある遊園地『ぐりんぱ』へ到着。

 メインの目的は、ゆえに雪遊びをさせること。去年100均で買ったソリを持って、スキーウェアに着替えさせて、いざ『ぐりんぱ』へ。

 

 『ぐりんぱ』の施設

 『ぐりんぱ』は、通常の遊園地にあるような乗り物もあるが、それ以外では、体と頭を使って遊ぶ『アスレチック施設』と キャラクターゾーン『M78ウルトラマンパーク』『シルバニアビレッジ』と室内遊具がある『キッズフジQ』がメインになっているようだ。

 

 『アスレチック』施設は、面白そうだし、一度行ってみたいが、ここに来るのはいつも冬なのでまだ行けずにいる(笑)

 

 『M78ウルトラマンパーク』は、『雪のゲレンデ』の奥にあるので、まだ見たことはない。うちの娘は『ウルトラマン』自体を知らないしね。男の子で興味ある子なら興奮して遊ぶんだろうな。

 

 『シルバニアビレッジ』はシルバニアを等身大で再現したもの。これが『雪のゲレンデ』に行く途中ある。去年は雪がつもっていたため、等身大のウサギにゆえは気付かなかったが・・今年はトラップになりそうな予感。

 

 『キッズフジQ』は、無料の室内遊具がある施設だ。『雪のゲレンデ』の下にあり、去年はそこで暖をとった。中にはボールプールやふわふわ遊具があり(一部有料)、他にもメルちゃんやプラレールなどで遊べる。

 遊園地の入場料だけで遊べていいのだが・・ここでなくてもあるような室内遊具施設で時間をとられると、正直もったいない、と思ってしまう。

 去年もここでゆえが遊びまくってしまって、旦那は『これじゃいつもと一緒じゃん』と少々不機嫌になってしまった。

 私は、ゆえの顔に雪がかかってぐずってしまったので、しばらく遊ばせて気持ちを立て直したらいいかな、と思っていたのだが・・確かにもう一度外に出すのが大変だった。

 今回はなるべくここには入らないようにしたい。あくまでメインは、『雪遊び』だし・・

 

 そして冬にだけ、無料の『雪のゲレンデ』と有料の『SNOWパーク』、そして『アイススケートリンク』ができる。

 『SNOWパーク』は、有料の雪のゲレンデで、浮き輪みたいなソリに乗って滑り降りたり、ふわふわソリや自転車があって面白そうだが、ゆえにはまだ早いだろう。

 『アイススケートリンク』も2枚刃のスケート靴のレンタルなどもあり、小さい子でもできるようになってはいるが、これももう少し大きくなったからだろうな。

 

 今回のメインはあくまで無料の『雪のゲレンデ』でソリと雪遊びだ。

 

 『雪のゲレンデ』へ

 入場ゲートを通って、『雪のゲレンデ』へ向かう。

 メインストリートを通って行くと、右手にアスレチックがある。下に水が張っているので、今は使えない。ゆえもこれはスルー。

 

 雪がなんとなく見えてきたが、同時に『シルバニアビレッジ』の家やウサギさんも見えてきた。

 「うさぎさんがいる。あっちに行ってみようよ!」

 ・・・やっぱり

 「うさぎさん後にして、先に雪に行ってみようよ。うさぎさんも後で見るから。」

 と、なだめながらなんとか、『雪のゲレンデ』を目指す。

 

 シルバニアトラップがあちこちにありました。

f:id:rishiana:20180124133151j:plain

 うさぎさんは等身大です。

 設定が妙にリアル(笑)

 

 ようやく『雪のゲレンデ』に到着。雪を見てゆえは目を輝かす。

 「雪~」

 と、にっこり。すごく楽しそうだ。

 「これ雪?いっぱいある~」

 

 雪遊び

 いきなり、しゃがみ込んで『先に、雪だるま作る~』と言いだした。 

 はい、どうぞ。

f:id:rishiana:20180124133958j:plain

 パパが、ゆえに普段使っている『砂遊びグッズ』を持って行って一緒に雪だるまを作ろうとする。

 だけど、下の方は雪が少ない。

 去年は前の日まで大雪で、ゲレンデ以外にも雪が積もっているレベルだったので、雪だるまもどこででも作れたのだが・・

 

f:id:rishiana:20180124134217j:plain

 とりあえず、パパも一緒に雪だるまを作る・・前の雪集め作業(笑)

 

 やっぱり雪が少ないので

 「ゆえ、あっちに雪がいっぱいあるからあっちで作ろう。」

 と言って、場所を移動する。すると、ソリ遊びをしている子供たちが目に入ったのか

 「ゆえちゃん、先にソリやりたい。」

 と言いだした。

 よーし、つかみはOK!

 

 パパとソリ遊び

 『砂遊びグッズ』を片付けて、100均で買ったソリの出番だ(笑)

 上での方に登ってからやろう、とパパとゆえは、ゲレンデを登る。大人が登るのも結構しんどかった。

 

 自動で登ってくれる『動く歩道』のようなものを去年は使ったんだけど・・今年もあるにはあるのだが、『現在停止中』とのこと。

 壊れたかな・・

 まあ、雪山を登るのも楽しみのひとつだしね。

f:id:rishiana:20180124134536j:plain

 

 そして上の方からゆえをソリに乗せてゆっくり滑る。

f:id:rishiana:20180124134931j:plain

 いきなり転んでるが、これはこれで楽しそう。顔は笑ってます。

 

 何度も滑って、だんだん上手になる。

f:id:rishiana:20180124135033j:plain

 (ソリ遊び、楽しい~)

 

 あまりスピードはでないけど、楽しそうに何度も登って、何度も滑る。

 しばらく100均のソリで遊んだところで

 「あっちの大きいソリがいい。」

 と、言いだした。

 

 700円でレンタルできる少し大きめのソリがある。そちらだとスピードも出るし、パパと一緒に滑れる。

 旦那が、ソリを借りてくると言うので、私とゆえは先に頂上に行って待っていることにした。

 

f:id:rishiana:20180124135539j:plain

  1人でどんどん登る。楽しみがあると、足さばきも軽快だ(笑)

 頂上で待っている間も遊ぶ遊ぶ。

 

f:id:rishiana:20180124135724j:plain

  少し下りになっているが、四つん這いになって雪の塊を取りに行く。

 雪の坂を下るだけでも、本人は楽しんでいる。このぐらいでもいいのかも・・

 

 

f:id:rishiana:20180124135929j:plain

 (見て~大きい雪なの~)

 

 しばらく雪の塊で遊んでいるうちに旦那がソリを借りてきた。

 

f:id:rishiana:20180124140052j:plain

 

 ちょっと怖いけど・・乗ってみたいらしい。

 最初はパパと2人で。ここからはビデオを回すので、写真はあまり撮れなかった。

 

 ソリ、1回目。スピードを落とさずに下まで一気に降りる。降りる時のゆえの表情は一応ちゃんと笑っていた。

 「どうだった?」

 「ゆえちゃん、ダメだって言わないよ。泣かないよ!」

 えっと・・どう解釈すれば・・

 去年、1回目で泣いて『いや~』と言ったこと覚えているのかな?

 

 「いやじゃなかった。もう一回やる~」

 旦那と目を見合わせて、ガッツポーズ。

 よし、去年の借りは返した(笑)

 

 それにしても、去年のこと・・覚えてるの?

 まだ2歳になってなかったと思うけど・・よほど印象が強烈だったのだろうか・・?

 

 「もういい」

 そしてソリ、2回目。

 途中までは、良かった。滑り降りる途中でビデオ撮影していたのだが、私に向かって

 「ママ~」

 と叫ぶ余裕ぶり・・だけど、終わったら

 「もういい。」

 泣きこそしないがむっつり顔。

 ?どうした?

 

 旦那が

 「じゃ俺が滑ってくる~」

 と楽しそうにソリを持って上にあがって行く。

 ・・・いや、いいんですけどね。

 

 「ゆえ、どうしたの?何が嫌だった?」

 と、聞いてみる。

 「お口に雪が入ったの。」

 去年も雪が顔にかかって嫌になったんだよな~

 変なところで神経質・・

 

 後でビデオを見返すと、『ママ~』とニコニコで叫んだ直後に、雪が顔にかかってゆえが顔をそむけていた。

 

 「じゃあ雪がかからないように気をつけてもう一回滑る?」

 「もういい。」

 うーん・・・

 

 パパがソリで滑ってきたのは楽しそうに見ていた。パパな大人げなくノンストップで楽しそうに滑ってました(笑)

 

 よーし・・

 「じゃあ、次にママが滑ってくるね。」

 と、私も滑りに行く。

 久しぶりにやると、これはこれで結構楽しい(笑)

 

 滑り終えるとゆえがニコニコ顔で駆け寄ってくる。

 「ゆえ、ママともう一回滑る。」

 「お口に雪・・入らない?」

 「・・・たぶん。」

 

 気分を盛り上げるために、途中までゆえをソリに乗せて私が引いて上に登る。

 あー、良いダイエットになるかも・・

 私のカロリー消化にはちょうどいいや(笑)

 

 そして、私と一緒に滑るが・・そういえばあまり私って運動神経良くなかったかも・・

 最初は良かったのだが・・途中でバランスを崩し、とっさに足を出して止まったけど・・やっぱり思い切り雪が顔にかかりました・・

 ゆえはぶー垂れ顔で、一言

 「もういい。」

 あっちゃ~

 

 雪あそび

  「じゃあ、雪だるま作ろうか?」

 「向こうで作る~」

 と、指した方向は・・そっち雪あんまりないんですけど・・

 雪と土と切れ目のところ・・

 「あっちにしない?」

 「こっちがいいの!」

 

 ・・・しかたがない。

 もう一度『砂場グッズ』一式を出して、スコップで雪を掘って、なるべく雪を集める。しばらく一緒にやっていたが、誰かが置きっぱなしにした大きいスコップを見つけて

 「これで作る!」

 あーあー・・これはまずい・・

 「これはお友達のだから使えないよ。」

 「これがいいの!」

 と、スコップのところへダッシュ。

 

 「これはお友達のものだからダメなの。」

 「貸してって言うもん!」

 うーん・・変なところで賢い。

 

 「今、お友達はここにいないから、借りていいかどうかきけないの。だからこっちで作ろう。」

 「いや、これがいいんだもん!」

 スコップを持ってダッシュで逃げる。旦那が捕まえて、強引に取り上げる。

 大泣きして、すねて、階段のところへ座り込む。はいはい、人はいないし、邪魔にならないでしょう。

 

 放っておいて、パパとゆえが見えるところで雪だるまを作る。やっぱり雪が少ない。うーん・・雪と言うよりすでに氷・・

 ちょっと作りにくい。

 しばらくパパと一緒に雪だるまを作っていると、ゆえは落ち着いたのか、笑顔でこっちに走ってきた。

 「雪だるま作ってるの?」

 さっきのことはなかったことになっているようだ(笑)

 

 ゆえと一緒に作るが・・やっぱり雪が足りない。

 「大きいのがいいの!」

 「じゃああっちで作ろうよ。あっちだったら雪がたくさんあるよ?」

 「こっちがいいの!」

 ・・・わがまま娘・・

 

 そして、

 「これイヤ!」

 と、手袋を脱ぐ。え?

 

 「ゆえ、手袋しないと手が冷たいよ。」

 「ゆえちゃん、手袋しよう。」

 と、旦那と私が交互に説得するが、

 「手袋イヤ!」

 素手で雪遊びを始める。いや、それ無理だって・・

 

 こまめにタオルで拭いてあげたが・・

 「もういや!おうち帰る!」

 ・・・だから言ったのに・・・

 子供に『だから言ったのに』は通じない。はい、わかってますよ。

 

 そりゃ素手で雪遊びは少々無理がある。手が冷たくてイヤになったんですね。

 

 とりあえず、もうお昼すぎだし、お昼ご飯を食べてワンクッション置くことにした。

 『雪のゲレンデ』からは一度離れることにする。

 

 続きます。