晩婚、高齢出産・育児であたふたしている高齢ママのブログ

40歳で結婚、41歳で出産、現在魔の二歳児と格闘中です。日々の出来事をつらつらと語っていきます。

スポンサーリンク

娘とお友達の友情

スポンサーリンク

 今朝の我が家の朝ご飯風景

 今日は、午前中はえみちゃんのおうちにお邪魔して、午後からは体操教室の予定。体操教室は、本来は今日ではないのだが、1月は教室の冬休みが長かったので、その振替になる。

 

 ゆえは、昨夜は良く寝たのでご機嫌。1人で遊んでいるうちにさっさと朝食を作る。後は、お皿に移すだけ、となった時に、ゆえがやってきた。

 

 「朝ご飯できたの?」

 と、ゆえが覗きに来る。

 「できたよ。もう食べられるよ。」

 と、言うと、

 「チャーハンがいい。」

 と、言いだす。

 いや、もう朝ご飯できてるから。

 

 「もう朝ご飯作っちゃったから、チャーハンは今度ね。」

 と言うが、ゆえは納得しない。

 

 「チャーハン!チャーハン!チャーハンが食べたかったのに~」

 と、顔をゆがめて泣き始める。

 

 「もう朝ご飯できてるからダメ。チャーハンはお昼ご飯に作ってあげるから。」

 「これイヤ!チャーハンがいいのに~!」

 と、地団太を踏んで大泣き。

 

 今からチャーハンを作れなくもないけど、これを許しちゃうと、今後も作ってから、『あれがいい』『これがいい』いいとなりそうな気がする。

 ここは『ダメ』で押し通そう。

 「これもおいしいよ。ほら、ゆえ、これ好きでしょう。」

 と、出来上がったおかずを見せるが、

 「これイヤ!チャーハンがいいの~」

 ・・・そうですか。

 

 「嫌なら食べなくていいよ。これはママが食べるから。」

 あえてそう言って、ゆえの席の前のテーブルにはゆえの分の食事を用意だけはする。そして、私の朝食も用意。

 

 ゆえは、

 「これイヤ~」

 と、大泣きしているので、私だけ

 「じゃあ、いただきます。」

 と、しれっと言って食べ始めてみた。

 

 「これイヤなんだもん!チャーハンが良かったのに~!」

 「だから、ママが食べるから食べなくていいよ。」

 と言いつつ、

 「これ、おいしい。」

 などと言いながら、パクパクと1人で朝食を食べる。

 

 しばらくすると・・ゆえは、自分で泣きやんで、椅子に座って・・

 「これ、食べる。」

 と、言いだした。

 「じゃあ、『いただきます』して。」

 「いただきます。」

 と、言って食べ始めた。

 

 そして、『これイヤ!』と言っていたおかずを『これ、おかわり』。

 ・・やっぱりね。

 好きなおかずなのはわかってたしね。

 

 ゆえが、私が朝ご飯を作る前に『チャーハンがいい』と言いだしたら、作ってあげることが多い。朝からチャーハンというのは、私的には、少々きついものがあるが、チャーハンにすると、普段食べない野菜も全部食べてくれるので、そういう意味では楽なメニューではある。

 ただ、作ってから作り直しする、と言うのは躾的にもどうかと思うので、今回はあえて『食べなくていいよ』と言って、私だけ食べてみたが、思ったよりもうまくいった(笑)

 毎回は通じないだろうけど、『作ったものに文句言わない』ということもそろそろ教えないといけないな。

 

 お友達のおうちに行く

 10時少し前に、えみちゃんの家へ向かう。ゆえは出かける前に、おもちゃをいくつか持って、

 「これとこれ、えみちゃんと小さいるい君に貸してあげるの。」

 と、言いながら自分のカバンに入れていた。

 るい君がえみちゃんの弟で、自分より小さいということは理解しているようだ。

 

 えみちゃんの家までは徒歩10分ぐらい。ちゃんと歩いてくれるので助かる。

 小学生にぐらいになったら、1人で遊びに行ったりするのかな。

 

 えみちゃんの家に着くと、えみちゃんが玄関に来て、履いているロングスカートを私に見せる。

 「かわいいでしょう?」

 「かわいいね。これなーに?」

 と、スカートの絵柄を指すと、

 「おばけ!」

 ・・おばけなんだ。ハローウィンのような感じかな?

 

 えみちゃんは、今、乙女思考になっていて、可愛い物が大好き。そして身につけている可愛い物は自慢しに来る。

 

 ちなみにつっちゃんが言うには、スカートではなくワンピースを下におろして履いているらしい。えみちゃんがロングスカートを履きたがるようだ。

 なるほど。3歳ぐらいの子のロングスカートってあんまりないもんね。

 

 スキンシップ

 つっちゃんがお茶とお菓子を用意してくれて、色々話をしながらお茶をする。

 ゆえとえみちゃんとるい君は、一緒に遊び始める。

 

 だけど、えみちゃんのスキンシップが激しくて、ゆえが少々嫌がる。

 ギュッと抱きついて、押し倒したり・・

 

 「離して、痛い!」

 「引っ張ったらダメ!」

 ゆえは、嫌がって、離れてしまう。

 

 弟、相手だとこういうスキンシップはしょっちゅうなんだろう。るい君は少々乱暴にえみちゃんに押し倒されてもけろっとしている。叩かれたら怒るけど、スキンシップでギュッとしたり、押し倒したりは平気みたいだ。

 ゆえは慣れてないんだよね。

 公園などで見る風景で、男の子同士だと、このぐらいのもみ合いはよくやっているし、本人同士も笑ってやっているんだけど・・ゆえは嫌がっちゃうな~

 もうちょっともまれないとダメかな~(笑)

 

 その後も、おもちゃの取り合いで少々もめて、ゆえは少々ぶー垂れ気味。

 『もう帰る』って言いださないか心配だったけど、その心配はなく、すぐに仲直りして一緒に遊ぶ。

 

f:id:rishiana:20180208124055j:plain

 一緒におままごと。

 

 最近はるい君もお姉ちゃんたちの仲間に混ざりたがる。

 成長したね~

f:id:rishiana:20180208124138j:plain

 (るい君も一緒に遊ぼう。)

 

 アンパンマンミュージアム

 遊んでいる間、ママたちはおしゃべりタイム(笑)

 もうすぐゆえの誕生日だという話になり、誕生日に神戸にある『アンパンマンミュージアム』を勧められた。確かにゆえは今、アンパンマンの世界にどっぷりハマっている。

 アンパンマンで子供が喜ぶのってかなり期間限定らしいので、一番喜ぶだろうこの時期に連れて行ってあげた方がいいのかも・・えみちゃんはもう卒業したらしい。

 旦那に相談してみよう。

 

 ゆえとえみちゃんの友情

 ママ友たち皆で集まる時は、お昼も一緒に食べる時が多いが、つっちゃんとうちだけの時は午前中で帰ることにしている。お昼もずっと・・だとお互い負担になるとまずいしね。

 たまには良いだろうけど、うちとつっちゃん家族だけの時は、基本的に午前中でバイバイになる。

 

 親はそれでいいのだが、問題は子供たち。ケンカもするが、基本的には仲が良いので、帰る時はいつも大変。

 今回もゆえが、

 「まだ、えみちゃんと遊びたいの!」

 と、言って、片付けもせずに逃げ回る。とりあえず、部屋をある程度片付けてから、ゆえを捕獲に行く(笑)

 思い切り抵抗して、えみちゃんと2人でボールの家に籠城。

 

f:id:rishiana:20180208125035j:plain

 るい君も入ろうとするが、えみちゃんに、

 「ダメ!ここは女の子だけなの!」

 と、追いだされる(笑)

 そういうことをいう年頃になりましたか・・なんか嬉しいというか感慨深いというか・・

 

 いや、そうじゃなくて、あまり遅くまでいるとつっちゃんにも迷惑だし、とにかく連れて帰らないと・・

 強引にゆえをボールの家から引っ張り出そうとするが、

 「ゆえちゃんはえみちゃんが守る!」

 と、ヒーローのえみちゃんにボールをぶつけられ、水鉄砲の銃(空砲)で撃たれる(笑)

 そのお言葉は嬉しいんですけど・・今回はゆえを引き取らせていただきます。

 えみちゃん、幼稚園でもゆえを守ってあげてね(笑)

 

 とりあえず、ボールをぶつけられながら、ゆえを玄関に連れてきて、靴を履かせる。かなり抵抗していたけど・・

 その時、頭に固いボールがゴンっと当たる。

 下を向いていたので分からなかったが、カプセルのボールが額に命中したようだ。

 つっちゃんはるい君がやったと思い、るい君を怒るが、実はえみちゃんがしたらしい。

 「ぶつけたら痛いでしょう!」

 と、るい君を叱っていたら、

 「えみちゃんがやったの。」

 と、正直に名乗り出た。

 つっちゃんは少し叱ったけど、ちゃんと名乗り出たので最後はちゃんと『正直に言ってえらかったね。』と2人で褒めた。

 黙っていれば叱られずに済んだのに、ちゃんと自分がやった、と言うのはえらいね。

 私が下を向いて、ゆえの靴を履かせていて、誰がやったかちゃんと見てなかったから、言わなければわからなかった。

 えらいえらい。

 

 『えみちゃんと遊びたかったのに~』

 ゆえは、玄関を出るのを最初はだいぶ抵抗していたが、えみちゃんも一緒に外に出るとわかると、ゆえも大人しく玄関から外に出る。

 お見送りに来ただけなんだけどね。

 

 だけど、2人とも道をダッシュで走りだそうとする。

 つっちゃんがえみちゃんを掴んで、私はゆえの手を掴んで、そのまま走りながらバイバイする。

 「ママ、手を離して!」

 と、振り払って自分で走るが、後ろからえみちゃんが追ってくると思ったのに、追ってこないので、大泣き。

 

 「えみちゃんに来てほしいのに~!」

 「えみちゃんとまだ遊びたかったのに~!」

 大泣きしながら、私と手をつないで家へ向かう。

 いつもママたちから2人で逃げるのか楽しいからやりたいんだろうな。とはいえ、道ですると危ないしね。

 今度、大きい公園に行って、公園の中にある道でやらせてみようかな。

 

 ゆえは、ずっと大泣きで歩いて帰る。途中で、思い切り私の手を引っ張って私もこけかける。危なかった。

 

 家に帰っても、まだ

 「えみちゃんの遊びたかったの~!」

 と、大泣き。

 楽しかったんだね。

 

 いつも帰りがすんなりいかないな~。

 どっちの家に行った場合も、帰りはちょっと公園に寄って帰る、とかにした方がいいのかな。

 それはそれでまた遊びだして面倒かな~

 

 お昼ご飯

 お昼ご飯に、朝、あれだけ食べたがっていたチャーハンを作ったら、ご機嫌が治った(笑)

 「チャーハン?やった~」

 食べたがっていただけあって、パクパク食べて、『おかわり』も2回する。野菜もたっぷり入っているからたくさん食べてね。

 

 体操教室

 そして体操教室。今日から、発表会の練習に入る。

 

 ゆえたちより大きいクラスでは、『マック杯』という大会にするらしい。

 土曜日に保護者が見に来て、その中で体操をする、という感じにするらしいが、ゆえたちジュニアクラスでは、授業の中で『発表会』を行い、その期間はおじいちゃんおばあちゃんにも見に来てもらう、という形式らしい。

 

 発表会の練習

 いつものミッキー体操の後、走ったり、トランポリンしたり・・これはいつもの通り。

 その後、発表会の練習になる。

 最初は名前を言ったり、『お願いします』の挨拶をしたりする練習。

f:id:rishiana:20180208142243j:plain

 皆の前で、名前を言って、挨拶。

 一応言えたけど、ちょっと戸惑い気味。

 

 そして、発表会の練習。レベルに合わせて、3組ぐらいに分かれて練習をする。ゆえは一番下のチーム。

 前回りをしたり、ジャンプをしたりした後、ジャンプ台でポンっと跳んでポーズ。上の二つのチームは跳び箱だけど、ちゃんとできるもの、ということで、ジャンプ台だけなのだろう。

 

f:id:rishiana:20180208131124j:plain

  (はい、ポーズ)

 

 最後の30分はすべて発表会の練習に費やされる。これも今後、上のクラスに上がって大会などに出る準備なんだろうな。

 そこまで続けられるかはわからないけど・・

 

 一応、練習はきちんとやる。

 やっぱり体操は、少々戸惑ったり、先生に注意されてもちゃんと頑張って、自分からやろうとしている。

 

 おやすみなさい

 ゆえは、慣れてきたら大丈夫なんだけど、初めてのことにちょっと弱い。

 今日の体操教室は、いつもと違う練習でちょっと緊張したようだ。

 昼間大泣きしたこともあるし、どうかな、と思っていたら、案の定、帰りの車の中で寝た。

 

 おやすみなさい。ちょっと疲れたね。