晩婚、高齢出産・育児であたふたしている高齢ママのブログ

40歳で結婚、41歳で出産、現在魔の二歳児と格闘中です。日々の出来事をつらつらと語っていきます。

スポンサーリンク

保育園の園庭解放

スポンサーリンク

 雨が続く・・

 最近は、雨ばかりで公園に全然行っていない。ゆえは公園に行きたくてしょうがないらしい。とはいえ、最近、夜が寒く、鼻水が出ているのに、雨の中公園なんて連れていけるわけがない。

 先日は親子教室が終わったら後、土砂降りの雨が降っているのに「お外で遊ぶの!」と長靴をはいて、園庭にダッシュ。あわてて追いかけて止めたけど、だいぶストレスがたまっているようだ。

 ようやく公園日和の気候になったと思ったら、雨ばかりだもんな~

 秋の長雨とは言うが、こんなに毎日雨が続くと本当にかんべんしてほしい。

 

 園庭解放

 今日は保育園の園庭解放に行ってきた。雨でもホールを開放してくれるので、とても助かる。公園には行けないが、こういうところで発散して欲しい。

 ここの保育園は、火曜日と金曜日が園庭解放日なのだが、火曜日は近所の公園でプレパークがあり、そっちに行くので、普段は金曜日だけ利用している。

 今日は火曜日だが、雨なのでプレパークはなく、こちらの保育園の園庭解放の方に来た。(雨だからホールだけどね。)

 出かける前に「歯磨きしない!」と駄々をこね、なんとか歯磨きをさせるまで時間がかかってしまったので、出発が少々遅れる。

 少し遅れて到着すると、プレパークで顔を合わすメンバーがかなりこっちに来ていた。まあ、そうなるよね。

 今日はかなり肌寒く、寒がりの私はちょっと早いかな、と思いつつも薄いセーターを着ていった。他のお母さん方は厚着の人もいたが、夏服に毛が生えたような服の人が多かった。

 ホールの中に入ったとたん、仲の良いお母さんから「暖かそう。触らせて。」と言われた(笑)室内ではあるが、暖房をかけているわけではないので、少々寒い。子供たちは動き回るから平気そうだけど・・・

 お母さんたちとの最初の会話は、やっぱり雨のこと。小さい子がいると本当にこの長雨に困る。あと、急激な冷え込みにも準備ができていない。

 自分の服は、押し入れから引っ張り出すにしても、娘の服は、去年のは完全にサイズアウトだし、薄手の長袖をこの間買ったばかりで、暖かい服は全然用意していない。

  というような話でママたちが盛り上がっている間に、子供たちは、室内に置いてあるブロックやおままごと道具、柔らかいボールやフラフープなどで、皆それぞれに遊んでいる。

 いつもはそれぞれに遊ぶだけだが、今日はお絵かきをする、ということで、保育園の先生たちが色々用意してくれた。

 ホールの床に数メートルある大きい模造紙を敷いて、そこにそれぞれがマジックやクレヨンで絵を描いたり、シールや紙を張ったりして楽しむ。

 先生の説明が終わり、準備が完了すると、子供たちが一斉に集まって、色々描きだした。これだと小さい子もある程度大きい子も皆楽しめる。

 とはいえ、熱しやすく冷めやすいのも子供だよね。20人以上が一斉に画用紙に向かったが、30分もすると、画用紙の近くにいる子は数人ほどになった。

 娘も例にもれず、しばらくは楽しんでマジックやクレヨンで絵を描いていたが、30分持たずに別のところで遊びだした。

 娘のお気に入りの場所は、ホールの端にある移動式バスケットゴールの土台の部分。もちろん遊ぶためのものではないが、土台に子供数人が座れるスペースがあり、秘密基地みたいな感じで子供たちに人気がある。特にゆえはお気に入りで、誰もそこで遊んでいなくても、そこに登って1人でごっこ遊びをしていることが多い。

 最初はブロックを持ち込んで、1人遊んでいたが、えみちゃんが参戦し、二人で遊びだした。そのうち他の子供も集まりだした。

 子供が多くなると場所取りなどでもめることがあるが、それなりに上手に遊んでいる。小さい子にブロックを「はい、どうぞ。」などと言いながら渡している。

 

 女の子二人組

 えみちゃんは、同学年で4月生まれのお友達だが、うちの娘は2月生まれなので、1年近く差がある。今まではえみちゃんが声をかけてくれても、娘は他の方に行ったり、知らん顔していることが多く、えみちゃんに申し訳ないな、と思っていたが、最近はだいぶ一緒に遊べるようになった。

 今日はかなり仲良く遊んでいて、私は嬉しかったが、女の子の二人組は徒党を組まれるとやっかいなことが判明(笑)おもちゃの片付けの時間になっても、2人でがかりで拒否。妙な仲間意識が芽生えてしまったようだ。

 「片付けの時間だよ。」と言っても、「まだ遊ぶの。」「お片づけしない。」と交互に口をそろえて言いだす。また困ったことに、2人がかりで言い返すこと自体が楽しくなってきているようだ。

 一番やっかいだったのは、帰る時だった。帰る時間になっても、数人の子は走り回ってなかなか帰らない。ここまではよくある光景なのだが、今回最後まで残っていたのはうちの娘とえみちゃん。

 2人でバスケットゴールの土台に籠城して、「眠いからここで寝る。」「おやすみなさい。」と寝そべっている。そして「まだ帰らない。」「遊んでるの。」と言い張る。

 それじゃあと、全員出口まで引っ込んでみるが、二人とも知らん顔で遊んでいる。

 男の子のママが「この作戦、男の子ならたぶん上手く行くけど、女の子で、しかも2人だとききめないね」と苦笑。あー、そうなのかも・・・

 ガラスのドアを閉めたら、さすがにまずいと思ったのか、二人でダッシュで走ってきた。1人が来るともう1人も来るんだよね。

 帰るときにも傘をさしながら、2人でお手手をつないで歩く。

 あー、かわいい~。写真に撮りたい(笑)

 でもやっぱり、そのまままっすぐ帰らずあちこちで足止め。せっかく駐車場の近くまできたのに、2人で反対方向に歩きだしたりとなかなかこちらの誘導に乗ってこない。

 幸い、すぐ近くにお互いの車が止めてあったので、最後はバイバイして別れた。

 私としては楽しかったし、嬉しかったけど、なんか急激に仲良し2人組になってびっくりした。「2人がかりで言い返す」ことも含めて、一緒に何かする、というのが楽しくなってきてるみたい。

 毎回こうはいかないだろうけど、近所だし、同じ幼稚園だし、このまま仲良くしてくれるといいな~