晩婚、高齢出産・育児であたふたしている高齢ママのブログ

40歳で結婚、41歳で出産、現在魔の二歳児と格闘中です。日々の出来事をつらつらと語っていきます。

スポンサーリンク

3歳の娘たちは、箸が転んでもおかしいお年頃?

スポンサーリンク

5月下旬の記事です。

  久しぶりの幼稚園

 先週は溶連菌で幼稚園を休んだが、土日を挟んですっかり元気になった。

 発疹もお腹にちょっとだけ残っているが、ほぼ消えている、

 水曜日から幼稚園を休んでいるので、5日間幼稚園に行っていないことになる。休みが長かったのでちょっと心配だったが、

 「今日から幼稚園に行けるよ。」

 と言うと、

 「やった~ようちえんだ!」

 と、言ってうきうきと支度をしていたので、安心する。

 幼稚園は楽しいみたいだね。

 

 今日は、旦那が午後からセミナーとのことで、午前中は家にいる。

 ゆえが、パパに、

 「いってきまーす!」

 と、言ってママと一緒に玄関を出る、という珍しいシチュエーションだった(笑)

 

 お庭の手入れ

 午前中は、旦那と庭の手入れをする。いい加減どうにかしないと、夏になったら虫だらけになる。

 草むしりと剪定をしていい汗をかく。

 私は、助かったし、これで良かったけど、旦那はセミナーの前に疲れてさせちゃって、ちょっと悪かったかな・・?

 本人は全然平気って言ってたけどね。

 

 交通事故とパトカー

 お昼に旦那を最寄り駅まで送る。帰りは18時頃と言うので、ゆえと一緒にお迎えに行くと伝える。

 

 気がつくとゆえのお迎えの時間。時間が経つのが早いな~

 家を出て、鍵を閉めていると、『ドン』という鈍い音。

 あわてて外に出ると、斜めお向かいさんの家の前で軽く事故っていた。

 

 ガレージから車を出そうとして、走行中の車にぶつかったようだ。

 幸い軽くぶつかっただけのようだし、物損事故だけだろうな。ガレージから車を出す時だからそんなにスピードは出ていないだろうし・・

 ぶつけた方が平謝りして、警察を呼んでいた。

 ちょっとびっくりしたが、怪我はないようで良かった。

 

 バスを待っている間に、白バイとパトカーが家に方に向かって走って行くのが見えた。たぶん、さっきの事故処理だな~

 バスが到着して、娘たちがバスから一斉に降りてくる。この時・・笑顔でバスから降りてくる瞬間って好きだな~

 でも、バスから降りたとたん、

 「ママ、えみちゃんにおうちにきてほしいの。」

 と、言いだした。

 えみちゃんも、

 「ママ、ゆえちゃんのおうちにいきたい~」

 とのこと。

 弟のるい君が家でお昼寝中とのことなので、お昼寝から目が覚めたら遊びにきてもらうことにした。

 

 手をつないでお話をしながら家に向かって歩いていると、先ほどの白バイとパトカーが家の斜め前で事故処理をしている。

 ゆえは、

 「パトカーだ~」

 と、目を輝かせ、

 「見に行く~!」

 と、パトカーの近くまで近づく。

 なんか・・野次馬みたいで、体裁が悪いんですけど・・

 『すみません!娘が見たがっているんです!』と言う雰囲気をかもしだすようにして、ゆえに付き合う。(小心者です。)

 なんかちょっと恥ずかしいんですが・・そして、なんかすみません!

 

 お友達の家に行く

 しばらくパトカーと白バイを見ていたが、なんとか現場から引き離して、玄関にたどり着くと、『るい君が起きないから、良かったらこっちにこない?』とのライン。

 ゆえは最初、

 「えみちゃんにおうちにきてほしいの~!」

 と、言っていたが、最終的には、

 「じゃあ、えみちゃんのおうちできがえてもいい?」

 と、制服で行くことで納得。

 着替えと手土産を持ってえみちゃんのおうちへ向かう。

 えみちゃんのおうちへ行き、遊びだしたとたん、るい君がお目覚め。

 おはよう(笑)

 

 大笑い?

 ママたちがお茶タイムをしている間、ゆえとえみちゃんはおやつをもらってローテーブルで何やら話しながら食べていたが、いきなりケラケラ笑いだした。

 お箸が転がってもおかしいお年頃なのか、親たちはいまいち何が面白いのかわからなかったが、2人は笑い転げている。

f:id:rishiana:20180703061214j:plain

 (おもしろーい!)(きゃははは!)

 えみちゃんのママのつっちゃんと顔を見合わせて、こっちまで大笑いをしてしまった。

 とにかく『面白い』らしく何度も繰り返して大笑いをする。

 女の子同士の世界を作り始めたのかな~

 

 ゆえとお友達の弟

 そしてこの頃から、ゆえは、えみちゃんではなく、るい君とおもちゃを取り合うようになる。

 えみちゃんとも取り合うこともあるが、えみちゃんとであれば、お互いに交替に使ったり、『かして』『どうぞ』ができるようになってきている。

 

 今まで、えみちゃんがるい君が持っているものを取り上げて、ゆえに貸してくれたり・・というのを見ていたからか、どうもるい君のものは取ってもいいと思っているような気がする。

 えみちゃんや他のお友達だとそこまで強引にいかないのに、るい君が持っているもので欲しいものがあれば強引に取ろうとする。

 るい君も渡さないので、取り合いになる。ここでえみちゃんとだったら『順番こしよう』で落ち着くのだが、ゆえもるい君もそれは拒否するんだよね。

 

 るい君はしょうがないとして、ゆえ・・君はるい君よりお姉ちゃんなんだから・・

 と言っても、まだ通じない。このあたりは、兄弟がいるとまた違ったんだろうな~

 

 初めて1人でお友達の家で遊ぶ

 旦那が夕方の6時頃に最寄りの駅に着くと言っていたが、思ったより早く電話がかかってきて、5時頃になりそうだと言う。

 だけど、ゆえは帰るのを拒否。えみちゃんと一緒に逃げ回る。

 「まだかえらないの!」

 「まだあそぶの!」

 強引に連れだそうとしても暴れまくって、手を離した隙に隙間からするりと逃げる。

 えみちゃんも、

 「ゆえちゃんとまだあそぶの!」

 と、ゆえと一緒に応戦(笑)

 それを見ていたつっちゃんが、

 「おいていっていいよ。見てるから。」

 と、言ってくれた。

 

 この状態だと説得は無理そうだし、強引に車に乗せるのもかなり時間がかかりそうだし・・

 申し訳ないがお言葉に甘えて、ゆえをつっちゃんの家に置いて迎えに行くことにした。

 「ママ、パパのお迎えに行ってくるよ。ゆえは?ここにいるの?」

 と、聞くと、

 「いるの。バイバイ。」

 とのことなので、つっちゃんには申し訳ないが、1人で旦那のお迎えに行ってくることにした。

 

 つっちゃん、ごめんね。ありがとう。

 

 こんな時に限って・・

 なるべく早く迎えに行こうと思うのに、こういう時に限って、駅前のロータリーで10分以上待つことになる。

 どちらかと言うと、もう旦那が到着して、車を待っている状態だと思っていたんだけど・・

 おかしいな、と思っていたら、眠ってしまって乗り過ごしてしまい、あわてて戻ってきたらしい・・

 普段なら笑い話ですむんだけど・・つっちゃんに迷惑をかけている状態だとかなり焦ってしまう。

 つっちゃんに今から駅を出るとラインしてから、つっちゃんの家に向かう。

 つっちゃん、重ね重ねすみません!

 

 強制退去

 つっちゃんの家に行くと、ゆえはえみちゃんと仲良く遊んでいた。

 「パパが帰ってきたから帰ろう。」

 と、言っても、

 「イヤ、まだあそぶの!」

 と、逃げ回る。

 今回はとにかく捕まえて玄関まで引きずって行き、玄関先で待機していた旦那に引き渡す。

 いい加減帰らないと迷惑やわ。

  

 つっちゃんにお礼を言って、荷物を回収して、撤収。

 ゆえはパパをぽかぽか叩きながら、

 「まだあそぶの!えみちゃん!えみちゃん!」

 と、大絶叫で、暴れるが、私ならともかくゆえの力でパパは振りほどけない。強引にチャイルドシートに座らせてシートベルトをする。

 家に着くまでずっとギャン泣きだったが、ガレージに車を入れている間大人しいと思ったら・・寝てました。あれ?

 寝落ち・・?あの一瞬で?

 ついさっきまでギャン泣きしてたよね?

 

 爆睡

 普段ならこのまま寝かせるところだが、今日はゆえは汗だく。

 何がなんでもシャワーだけでも浴びせないと・・

 

 もう、起きてもいいや、とゆえが眠った状態で、パパがゆえにシャワーを浴びせて体と頭を洗うが・・ゆえ、起きませんでした。

 びっくり・・よほど眠かったのかな・・

 

 そのまま髪の毛をある程度拭いてから布団に寝かせたらそのまま寝ました。

 ある意味すごいな(笑)

 もう爆睡だね・・おやすみなさい。

 

 ちょっと嬉しい

 溶連菌もすっかり落ち着いたみたいで良かった。

 だけど、人様の家で『帰らない』というのは困りものだ・・

 次からは行く前に、夕方になったら帰る、と約束させないとダメだね。

 

 そういえば、幼稚園でも一時保育でも実家でもない、ただのお友達の家に1人で置いて来たのは初めてだったけど、全然平気だったな~

 えみちゃんが一緒だったのも大きかったと思うけど・・これも幼稚園効果かな。

 もう少し大きくなったら、子供だけで行き来するようになるのかな。

 

 明日も幼稚園でお友達といっぱい遊ぼうね。