晩婚、高齢出産・育児であたふたしている高齢ママのブログ

40歳で結婚、41歳で出産、現在魔の二歳児と格闘中です。日々の出来事をつらつらと語っていきます。

スポンサーリンク

お友達と『ハーベストの丘』で遊ぶ その1

スポンサーリンク

 5月下旬の記事です。

  お友達と『ハーベストの丘』へ

 今日は、お友達のえみちゃんと『ハーベストの丘』へ行くことになっている。

 前回、一緒に『ワールド牧場』へ行った時は、えみちゃんが体調を崩して途中で帰ってしまった。今回は、その時のリベンジをする(笑)

 

 ハーベストの丘は体験型農業公園で、羊やヤギなどの動物もおり、芝滑りなどで遊ぶこともできる。

farm.or.jp

 

 でも、今回の1番の目的は、『じゃぶじゃぶ池』だ。

 今日の最高気温の予想は、29℃だし、天気も良いとのこと。

 子供たちをじゃぶじゃぶ池で遊ばせたい。

 

 駐車場で合流

 待ち合わせは、10時に現地集合ということにする。

 うちは、私、旦那、ゆえの3人。

 向こうは、ママ友のつっちゃんとつっちゃんの旦那様、そしてゆえの同級生で仲の良いえみちゃんとひとつ年下の弟のるい君の4人。

 ゆえにまだ発疹が少し残っているが、それ以外は前回みたいに体調が悪い人もおらず、良い感じ。

 半袖でも良いぐらいの気候なのだが、ゆえは発疹がまだあるので、一応長袖を着せることにする。

 駐車場で合流して、一緒に入口ゲートへ向かう。

 ゆえもえみちゃんもるい君もなんとなく楽しそうで、テンションがあがっている。

 

 今回の1番の目的はじゃぶじゃぶ池なので、まずそちらに向かう。

 ここはとにかく広い。『じゃぶじゃぶ池』があるところまでは、かなり歩く。

 大人はいいとしても、子供たちが歩いてくれるか心配だったが、3人ともテンションがあがっているらしく、走り回っている。

 

 芝滑り

 途中で芝滑りをするところがあり、ゆえとえみちゃんが滑りたいと言うので、それぞれのパパと一緒に滑ることになった。

 ここは15分400円でソリを貸りて滑ることができる。

 るい君は、滑らずママたちと4人の見学。

 ママたちは写真と動画を撮りまくっていた(笑)

 

 ただ、ここでちょっとだけ落とし穴があった。

 料金がかかるのは、4歳以上。3歳以下は保護者同伴で保護者がチケットを買う形になる。

 ゆえは3歳なので、旦那がチケットを買ったが、えみちゃんは4歳。チケットはえみちゃんの分とパパの分と2枚買ったようだ。

 それであれば、るい君も一緒に行けば良かったと、つっちゃんがちょっと残念がっていた。

 私も保護者1人で子供2人はまずいのかと思っていが、えみちゃんのチケットをちゃんと買ってあるのであればるい君とえみちゃんが交替にパパと一緒に滑っても問題なかったはず・・

 つい、ゆえ目線で考えていてえみちゃんにチケットが必要とは思ってなかった。

 同学年だけど、4月生まれと2月生まれではこういうところで差がでるのね。

 

 パパ2人で娘たちを連れてチケットを買いに行き、そのまま芝滑りに突入したので、ママたちはそのあたりを把握できてなかった。

 るい君にもさせてあげれば良かったね。ちょっと残念。

 

 ゆえもえみちゃんも何度も滑り、この急な坂道も嫌がらず自分たちで上っていた。ただ、まだパパと一緒でないと怖いみたいだ。

f:id:rishiana:20180706123948j:plain

 4人とも制限時間ギリギリまで楽しそうに滑っていた。

 そして、戻ってきた時は4人とも汗だくだった。そりゃこの坂を何度も上ったらそうなるよね(笑)

 

 吊り橋を渡る

 お茶を飲んで一休みしてから、『じゃぶじゃぶ池』に向かう。

 途中で、大きい吊り橋を渡る。

 この吊り橋、かなり頑丈そうだが、実は結構ゆれる。ゆれるだけで、落ちる気は全くしないんだけどね。

 そのせいか揺れても、子供たちは全く平気な顔をして面白がっていた。

 2歳のるい君も全く怖がらず楽しそうにつり橋を渡る。

f:id:rishiana:20180706172043j:plain

 えみちゃんとゆえは、本当にずっと笑顔。2人で楽しくてしょうがないという感じ。この時点でかなりテンションあがってます。

 

 場所取り

 吊り橋を渡ると羊などが見えるので、るい君も大興奮。

 少し歩くとと、すぐに『じゃぶじゃぶ池』がある。

 まずは場所を確保しないと・・

 見回すと、『じゃぶじゃぶ池』の近くの屋根付きのベンチがあるという一番良い場所が空いていたのでそこを陣取る。

 夏の土日であれば真っ先に埋まるところだが、今日は土曜日とはいえ、まだ5月末。水遊びにはまだ少し早いし、午前中の早い時間なので、人まだそれほど来ておらず、良い場所を確保することができた。

 

 まだ午前中で気温が上がりきっていないので、最初は、場所だけ確保して、羊たちのエサやりに行こうかと思っていたが、

 「さきにあっちいきたい!」

 「じゃぶじゃぶはいるの!」

 と、『じゃぶじゃぶ池』を見て、テンションマックスになったゆえとえみちゃんが主張するので、先に『じゃぶじゃぶ池』に行くことにした。

 

 水着

 とりあえず、2人とも水遊びする格好に着替える。

 ゆえは去年の水着がまだギリギリ入ったので、去年の水着とラッシュガードを着る。ラッシュガードは前の日にあわてて買ってきた(笑)

 

 実は去年、最初にセパレートになっている水着を買ったのだが、ちょうど良いサイズを買ったのに、ちょっと遊ぶと、下のパンツがずり落ちてオムツが丸見えになる。遊んでいる途中に何度も上にあげて戻すが、何度直してもすぐにずり落ちてしまう。

 3回ぐらいは我慢して着させたが、何度も直すとゆえも嫌がるし、かと言って放っておくとオムツ丸見えでさすがにおかしいし・・といい加減嫌になって、もったいなかったがワンピースの水着を買い直したという経緯がある。

 

 同じサイズを買うのはなんとなく癪だったのでワンサイズ大きい水着を買った。水着ってワンサイズぐらい大きくてもなんとかなるんだよね(笑)

 だから、去年も着た水着だが、今年もサイズ的にはギリギリだがなんとか入る。

 ラッシュ―ガードは去年のサイズだったので、もう着れずに新しいのを買った。

 

 えみちゃんは水着が間に合わず短パンとTシャツ。これはこれで子供らしくていいかも。

 水遊びの格好に着替え、いざ『じゃぶじゃぶ池』へ!

 

 『じゃぶじゃぶ池』

 着替えたとたん、2人とも走り出したのでとりあえず私が追いかけて、2人を『じゃぶじゃぶ池』まで連れて行く。

 公園内なので、いつもと違っていきなり走り出されても安心だけどね(笑)

 

 2人は『じゃぶじゃぶ池』で大興奮。

 靴を脱いで、中に入る。2人で笑いながら、早速中に入って遊ぶ。

f:id:rishiana:20180706173352j:plain

 (よし、いくぞ!)(いこう!)

 

 最初は少々警戒していたが、すぐに大はしゃぎで走り出す。

 床は滑りにくい素材を使っているので少々走り回っても安心だ。

 2人ともケラケラ笑いながら、駆け回っている。

f:id:rishiana:20180706173522j:plain

  キノコのシャワーも一度入ったら平気になり何度も入っていた。

 やっぱりお友達と来ると、家族だけで来るのと全然違う。

 去年も何度かここに遊び来ているが、いつも私か、旦那が一緒の時は旦那が、一緒に中に入って遊んでいた。

 その時の感覚で来たので、旦那も今日は水にぬれても大丈夫な格好をしてきたのだが、実際は中に入る必要全くなし。

 ずっと2人ではしゃいでいた。これはちょっとびっくりだった。

 

 ちなみにるい君は、最初はちょっと水に近づこうとしていたが、どうも怖かったらしく少し離れたところでパパと遊んでいた。

 

 『じゃぶじゃぶ池』で散々遊んだが、やっぱりまだ少し寒かったみたいで、1時間経たないうちに、

 「もういい。」

 と言いだした。

 天気予報だと晴れの予想だったのだが、未だに曇り。気温も上がってはきているが、長時間水遊びをするには、確かに少々寒いかもしれない。

 夏なら水着のまま休憩させたりするのだが、寒いようだったので、水着は脱がせて着替えさせる。

 

 お昼ご飯

 はしゃぎまくったからか、『おなかすいた』というので少々早いが、お昼にすることにした。

 それぞれお弁当持参なので、ベンチに座ってお昼ご飯を食べる。

 ゆえもえみちゃんもるい君も自分のところのおにぎりやおかずを

 「これおいしい!」

 と、言いながらパクパク食べる。

 

 手抜きのお弁当でこのぐらい喜んでもらえるとうれしいな。

 でも、今のうちだけだろうな~(笑)

 

 ポニーに乗る

 食べ終わったら、次はえみちゃんが馬に乗りたいと言いだした。

 乗馬体験は5歳からだが、ポニーであれば身長120㎝未満で、怖がらない子であればOKらしい。

 ようするにちゃんと座って馬につかまっていられる子、ということなんだろう。

 料金は、普通の乗馬は1人500円、親子乗り700円。ポニーは1人乗りのみで300円だ。

 

 ゆえは最初は、ちょっと及び腰だったが、えみちゃんがポニーに乗ったのを見て、

 「ゆえちゃんものりたい。」

 と、言いだした。

 馬に近づくまでちょっと警戒していたが、そばに行くと怖がらずにさっと乗る。

f:id:rishiana:20180708172037j:plain

 (おうまさん、こわくない?)

 

 歩きだすと、最初は緊張していたが、だんだん笑顔になってきた。楽しそうだ。

 係の方が、ゴールに到着する少し手前で止まってくれる。

 写真タイムですね。

f:id:rishiana:20180708172255j:plain

 (ママ、みて~)

 自慢げににっこり笑う娘(笑)

 

 次はるい君が乗るはずだったが、

 「イヤ~」

 と、言って馬に近づかない。抱っこして近づけても怖がる。

 えみちゃんが、

 「もう1かいのりたい!」

 と、言いだして、るい君に代わり、えみちゃんが2回ポニーに乗っていました。

f:id:rishiana:20180708172457j:plain

 (えみちゃーん!)(ゆえちゃーん!)

 

 なぜか今生の別れのように名前を呼び合う2人(笑)

 えみちゃんは2回めの乗馬を満喫。

 つっちゃんは、

 「るい君、意外とへたれやな。」

 と、ぼそっと言っていた(笑)

 

 でも、私もちょっと意外だったな。るい君は、猪突猛進型に見えるので、動物もそんなに怖がらないかと思っていたんだけど・・

 

 絵になる風景(笑)

 交替でトイレに行ったり、ドタバタしている間にゆえとえみちゃんはクローバーの花をやりとりしていました。

 あ、なんかすごくいい絵に見える。

f:id:rishiana:20180708172731j:plain

  (はい、どうぞ。)(ありがとう。)

 

 タンポポの綿帽子を見つけて吹いたりもしている。

 こうやって自然に触れるのは親としてはうれしい。(ある程度人口的に作られたものだとしても・・)

f:id:rishiana:20180708173338j:plain

  (ふー)

  タンポポの綿帽子をフーフーしてご機嫌。

 

 『ウサギのふれあい広場』 

 次に羊のエサやり体験に行こうと思ったが、『ウサギのふれあい広場』で、ちょうどふれあいの時間をだったので、先にそっちに行く。

 ゆえは、ワールド牧場で羊に飛びかかられた後遺症なのか、最初はウサギを触りに行くものちょっと嫌がっていたが、えみちゃんが先に『ウサギのふれあい広場』の中に入って、ウサギを触っているのを見たら、

 「ゆえちゃんもウサギさんのところいく。」

 と、言いだして、中に入ってウサギに触りだした。

 ちなみにここの『ウサギのふれあい』は、中に入るのに100円必要だ。

 小学生未満は保護者同伴なので、実質200円かな。

 

 ウサギをそうっとなでる娘

f:id:rishiana:20180709060603j:plain

 (ウサギさん、なでなで。)

 

 ウサギさんだけでなく、えみちゃんとじゃれあいも・・(笑)

f:id:rishiana:20180709061545j:plain

  (こっちのウサギさんにしようよ。)(えー、こっち~)

 

 えみちゃんもゆえもすごくはしゃぎまくっている。

 

 長いので、続きます。