晩婚、高齢出産・育児であたふたしている高齢ママのブログ

40歳で結婚、41歳で出産、現在魔の二歳児と格闘中です。日々の出来事をつらつらと語っていきます。

スポンサーリンク

幼稚園に通いだしてからの我儘・・娘とお友達

スポンサーリンク

4月半ばの記事です。

 朝の攻防戦

 今朝はゆえは、6時を過ぎても起きてこない。昨日は20時過ぎには寝たから、睡眠時間的には足りているはずなんだけど・・

 先週は11時半に幼稚園から帰ってきていたのに、昨日はいきなり17時過ぎに帰ってきたから、疲れているのかな。とりあえず、ギリギリまで寝かせてあげよう。

 朝食を食べて、7時半到着の幼稚園のバスに乗ることを考えると、寝かせるのは6時半までがタイムリミットだが、ギリギリの6時25分頃に自分から起きて来た。

 ちょっとまだ寝ぼけているが、良く眠れたみたいだ。よしよし。

 

 だけど、朝食を食べるのに時間がかかる。

 ギリギリまで寝かせたのは私だし、急かしたらダメだとわかっているが、玉ねぎをつまんで『ウサギさんみたい~』とニコニコしている娘に少々イラッときてしまう。

 たぶん態度にはでていない・・と思う(笑)

 そういう感性は大事にしてあげたいが、でも今はまず朝食を食べて下さい。

 

 最近は、『バスが行っちゃうよ。』と言うと、幼稚園に行く支度をしていたゆえだが、今日は歯を磨いてからも室内ジャングルジムで遊びだし、着替えをしようとしない。

 あと10分ぐらいで家を出たい!

 「ゆえ、制服にお着替えは?」

 「これやってから。」

 と、ジャングルジムから降りようとしない。

 「バス行っちゃうよ。」

 「いかないもん。」

 ・・・おーい・・

 

 「じゃあ幼稚園に休むってママ電話するよ!」

 実はこれは言ってから『しまった!』と思った。『行かない』と言われたら非常に困る。

 「ダメ!いくの!」

 と、急いで着替えを始める娘。良かった・・とホッとする(笑)

 すみません。こういう言い方はダメですね。

 ゆえも幼稚園に慣れてきて、前みたいな朝の緊張感がなくなってきたかな~

 

 園バスに乗るまで・・

 バス停が見えてきたら、ゆえのお友達のえみちゃんと弟のるい君と、ママ友のつっちゃんがいつもと違う方から歩いてくるのが見える。

 あれ?

 えみちゃんが、ゆえに気付き、道路を渡ってこっちへダッシュで来る。つっちゃんが向こうから『危ないからダメ!』と叫んでいるが、完全に無視して、道路を横断してしまう。

 かなりドキッとした。車が来てなくて良かった。

 「道路危ないから1人で渡っちゃだめだよ。」

 と、えみちゃんに注意して、2人の手を握って道路を渡ってバス停へ。

 

 いつもと反対側から歩いて来たので、どうしたのかと思ったら、えみちゃんが昨日幼稚園でちょっと男の子ともめたらしく、そのせいか『ようちえんにいかない。こうえんがいい。』と言い張ったので朝から公園に行ってきたらしい。

 6時半から公園に行って、朝食は公園でパンを食べて、制服に着替えてバス停に連れてきた、ということだ。

 うわー、大変だったね。

 昨日14時半に帰って来てからも、『こうえんにいく!』と、言ってずっと公園にいたようだ。

 

 「朝からぐずぐずやし・・もうえみちゃんのわがままに付き合い切れへんわ。」

 と、キレ気味のつっちゃん。

 「幼稚園に行ってからの方が大変になった。」

 とのこと。

 確かにゆえも幼稚園に行き出してからの方がわがままがひどくなっている。ある程度仕方が無いとは思ってはいるんだけど・・付き合う方は本当に疲れる。

 つっちゃんの場合は、えみちゃんとイヤイヤ期のるい君と2人だもん。そりゃしんどいよね。

 

 るい君は2歳を過ぎたころから更にパワフルになっているし・・

 「なんか幼稚園に行き出してからの方が大変になっている気がする・・」

 と、ため息をつくつっちゃん。

 とりあえず、

 「2時半に帰ってきたらうちに来る?」

 と、誘っておいた。2人を1人で相手にするより、うちに来たら子供同士である程度遊んでくれる分楽かもしれない。

 そして公園に行って興奮したからか、るい君もえみちゃんもバス停の周りを走り回るって遊ぶ。広場があるので、その中なら安全地帯なんだが、えみちゃんはまだ広場の中におさまっているが、るい君はバス停のバスが止まる位置まで走り出てしまうのでかなり危ない。

 園バスが来て、バスに乗る時にえみちゃんがリュックを手で持っていたら、付き添いの先生に危ないから背負わせるように、と注意されつっちゃんがえみちゃんにリュックを背負わせている間にるい君がバスの前を走って行ってしまい、あわてて私が追いかけて捕まえて抱っこ。

 バスが行ってからも、暴れるるい君に

 「いい加減にし!」

 と、るい君にはめったにキレないつっちゃんがキレていた。

 顔が明らかに疲れ気味だし・・かなり大変だったようだ。

 

 幼稚園バスのお迎え

 園バスのお迎えの前に、ラインで『良かったら帰りに遊びに来る?』と誘ったが、『疲れているから家でゆっくりする。今日は絶対どこにもいかない!』と返ってきた(笑)

 

 ゆえはバスを降りたとたん、

 「えみちゃんのおうちにいきたいの~」

 と始まった。今日は無理です。

 えみちゃんも、

 「ママ。ゆえちゃんにおうちにきていいっていって!」

 と、つっちゃんに言うが、

 「今日はやめておこう。」

 と、言われてむくれた顔。

 つっちゃんは明らかに顔が疲れている。相当まいっているみたい。

 

 バス停前にある集会所の建物と広場で少しだけ遊ばせて、バイバイして帰るが・・ゆえが、

 「えみちゃんのおうちにいきたいの!」

 「ちょっとだけでいいから!」

 「ねえ、おねがい!ちょっとだけ!」

 「おうちかえるのイヤ~!えみちゃんのおうちがいいの~」

 と、涙ボロボロのギャン泣き。

 最初にお友達の家に行ってしまったから、バスから降りたらお友達と遊べると思っているようだ。最初がまずかったな~

 とはいえ、なんと言われようと今日は、つっちゃんの家にお邪魔するわけにはいかない。

 半ば強引に帰ろうとするが、今度はえみちゃんが私の通り道をふさいだり、服を引っ張って帰すまいと必死に抵抗する(笑)

 可愛いけど、本気でするので結構危ない。

 

 つっちゃんの顔が徐々にひきつってきたので、とりあえずえみちゃんの家まで一緒に行って、家の前でバイバイすることにした。

 「おうちの前まで行ってバイバイだからね。」

 と、言って一緒につっちゃんのおうちまで歩く。

 

 家の前で帰ろうとすると、ゆえが大声でギャン泣き。近所迷惑だからやめよう。

 しかもここは、つっちゃんの家の近所だし・・

 つっちゃんと協力して強引に2人を引き離して、えみちゃんは家に入って、ゆえは連れて帰る。

 

 ゆえは、一応、家まで歩いてはくれたが、

 「えみちゃんのおうちにいきたかったのに~!」

 「だからえみちゃんのおうちにいくっていったでしょう!」(なにが『だから』?)

 と、叫びながらギャン泣き。涙ボロボロ・・そこまでえみちゃん好きですか?

 

 歩きながら、途中でお尻を押さえだしたので、

 「ゆえ、うんち?」

 と、聞くと、

 「うんちもらしちゃったの~!」

 の叫ぶ。

 あれ?今は特にしている様子はないんだけどな。

 ひょっとして・・・幼稚園でもらしちゃったのか・・

 「うんちって教えなかったのかな?」

 と、努めて軽い感じで聞いてみたら、

 「でちゃったの~!」

 と、泣きながら叫ぶ。あわてて、

 「いいよ、いいよ。仕方が無い。次教えればいいからね。」

 と、慰めながら帰る。すると今度は、

 「うんちするところ痛いの~!」

 と、言いだした。

 「わかった。とりあえず帰ってからお薬塗ろう。」

 と、言って、とにかく家に連れて帰る。

 お尻がちょっと赤くなっていたので、そこには軟膏を塗っておいた。

 

 家に帰ってからも、ずっと、

 「えみちゃんのおうちがよかったのに~!」

 と、泣いていた。仕方が無いので、放置していたら、しばらくすると気持ちを切り替えたのか、おもちゃで遊びだした。

 カバンを見ると、漏らしたであろうパンツが洗って入れてあった。

 先生・・すみません。

 

 つっちゃんと幼稚園の先生からの電話

 ゆえを着替えさせて、片づけをしていると、つっちゃんからラインで電話があった。

 あまりラインで通話というのは慣れておらず、おろおろしながらもどうにか通話に持ち込む。

 

 スマホの向こうではえみちゃんのものすごい泣き声が聞こえる。

 ゆえはゆえで、

 「誰からの電話!?」

 と大声で聞いてくるので会話が大変だったが、ようするに『えみちゃんがゆえちゃんの家に行くと言って泣きやまない。どうしょうもないので、今からでもそっちに行っていいか?』という内容だった。

 「つっちゃんが良ければこっちはいつでもいいよ。来て来て。」

 と、会話をした後、なんか変なところを触ったらしくスマホがちょっとおかしくなり触っているうちに切れてしまった。

 内容は伝わったし、もうかけ直さなくてもいいかな、と思って、ラインでメッセージを打とうとした瞬間、今度は電話。

 相手は幼稚園の先生。

 

 『今日、うんちを漏らしてしまった。』

 『その時にお腹が痛いと言っていた。』

 『うんちがかなり柔らかく下痢に近い感じだったので、様子を見てあげて欲しい。』

 『うんちとおしっこをするところが痛いと泣くので、見たら、少し赤くなっていたので、うんちの雑菌が入ったのかも。こちらも様子を見てあげてほしい。』

 との内容。

 お礼とお詫びをするが、先生は、

 『こちらこそ、毎日電話してすみません。』

 と、低姿勢。

 本当に良い先生だ。年少で人数も多いのに、良く見ていただいて、本当に感謝しかない。ありがとうございます。

 

 電話中もゆえは、

 「だれからのでんわ!?」

 と、大声で聞く。教えるから静かにしてて欲しいな~

 

 お友達のえみちゃん

 しばらくすると、

 「ごめんな~」

 と、言いながらつっちゃんたちが来た。

 えみちゃんは、明らかに泣きはらした目をしている。

 相当泣いたんだな・・これは・・

 つっちゃんはもうぐったり。

 

 家に入ったら、えなちゃんとゆえとるい君は楽しそうに遊びだした。

 「もう今日は何があっても外出せえへんと思ってたけど、2人に泣かれるともうあかんわ。」

 「幼稚園に入ってからひどくなって、母に相談したら、えみちゃんは、幼稚園でえみちゃんなりに頑張っているんやから受け止めてあげなあかんっていうけど、もう無理!」

 と、かなり大変そう。

 

 ゆえも幼稚園に入ってからわがままがひどくなってはいるが、離れている時間があるのと、ゆえ1人なんでどうにかなっている。

 つっちゃんのところは2歳のるい君は、イヤイヤ期で一日中一緒だし、えみちゃんは幼稚園に帰ってからわがまま放題ではそりゃまいるよね。

 ゆえもそうだけど、なんていうか・・『わがままを言うためのわがまま』を言っている感じだ。

 昨日のパパとの戦いごっこの時も、

 「ここは危ないから広い場所でやろう。」

 と、パパが言うと、

 「イヤ!ひろいばしょイヤ!ぜったいイヤイヤ!ここがいいの!」

 と、わめいて泣きだす。

 普段なら場所を移動するぐらいは普通にするのだけど、とにかく何もかもが癇に障るらしい。

 

 とにかくお茶を出して、座って話をする。幸い子供たちは3人で遊んでくれていた。

 つっちゃんの家にも、昨日、幼稚園の先生から電話があって、えみちゃんがブロックの取り合いで男の子ともめて相手がケガをしたというのもあって、だいぶ落ち込んでいるようだった。

 ケガといっても擦り傷ぐらいらしいけど・・

 「こういう場合、どうしたらいいのか東ちゃんに聞いたけど、(お兄ちゃんが同じ幼稚園の年中さんのママ友)特に何もしなくていい、と言われたから何もしてないけど、いいのかな。」

 と、気にはしていたけど、先生も相手の名前を言わないし、擦り傷ぐらいならよくあることだからいいと思うんだけどね。

 年中ぐらいになったら、子供から相手の子供の名前を聞くかもしれないけど、昔と違って今は名簿もないし、住所も電話番号もわからないし、連絡の取りようがないし・・

 でも、される方ならともかく、相手にケガをさせたら親としては、やっぱり気になるよね。

 

 「もう子育てに自信をなくした~」

 と、つっちゃんは、かなり落ち込んでいた。

 うーん・・本当に大変そうだ。

 とりあえず、私の意見を言ってみる。

 「うちの娘はちょっと嫌なことがあると『もうイヤ』となるとけど、えみちゃんはちょっとぐらい嫌なことがあっても最後まで楽しそうに遊んでいるし。子供らしくて私は好きだよ。」

 「今はちょっと大変だけど、えみちゃんにはお友達がみんな寄って行くし、ゆえもえみちゃん大好きやん。今はつっちゃん、すごく大変だと思うけど、成長したら、リーダーシップをとって人気者になると思うけどな。」

 

 慰めようとしたのもあるけど、これは本心。

 えみちゃんはいわゆる『聞きわけがいい良い子』ではないけど、なんでも楽しそうにするし、好奇心が旺盛。自分勝手なところも、夢中になると手が出てしまうこともあるけど、そんなのことはこのぐらいの子供ならあることだと思う。

 私はえみちゃんのことは、子供らしくて好きだけどな。

 ただ、親は本当に大変だと思うけど・・

 つっちゃんはやさしいし、まじめ過ぎるから疲れちゃうんだよね。

 でも、今は大変だけど、えみちゃんはもうちょっと大きくなると、リーダーシップがとれる人気者になると思うんだけどな。

 つっちゃん、うちで愚痴を言って、ちょっとは発散できたかな。

 

 うちに来たのが15時半ぐらいだったので、1時間半ぐらいで帰る時間になる。

 最後は畳の部屋で、戦いごっこを親たちと子供たちとでやって、更にゆえが布団を引っ張り出して来て、布団にくるまって遊んで終了。

 お友達が来たときに布団を引っ張り出すことを覚えちゃったもんな~

 どうにかならんかな・・でも楽しそうなんだよね(笑)

 

 幼稚園に通いだしてからの我儘と甘え

 えみちゃんだけでなく、ゆえも幼稚園に通いだしてから、甘えと我儘がひどくなっている。これはもうしょうがないと思ってはいるが、やっぱりずっと付き合っていると疲れる。

 そして、どこまで我儘を許したらいいのかが正直わからない。

 そして『親が困る』とわかっていてわざと言っているな、と思うことがある。

 (夜に、急に『こうえんにいきたい!』と駄々をこねるとか・・)

 そして、ちょっと思い通りにならないと怒る。

 そうかと思えば、必要以上に『ママ~』とくっついてきたりする。

 できることも『ママ、やって~』とやらせようとする。

 幼稚園で我慢していることも多く、その反動がきているのかもしれない。

 もちろん全てにおいて、ベストな対応がとれるわけではないけれど、正解がないだけにどうしたらいいか迷ってしまう。

 幼稚園に慣れてきたら、落ち着くのかな?

 成長の一環と見守るしかないのだろうか・・?

 

 寝ない 

 今日は、えみちゃんが来たことで興奮したのか、夜20時過ぎに布団に入ったけど、中々寝ず。

 川の字になった真ん中で、パパの方を見て、

 「パパ~」

 「はーい。」

 そしてママの方を見て、

 「ママ~」

 「なーに?」

 と言う会話を何十回も繰り返して、本人はニコニコの笑顔。

 一緒にねんねが嬉しいし楽しんだろうな・・それはわかるんだけど・・

 

 結局眠ったのは、21時半。明日ギリギリ6時半まで寝かさないとダメだな・・

 せめて20時半に寝てほしい・・!