晩婚、高齢出産・育児であたふたしている高齢ママのブログ

40歳で結婚、41歳で出産、現在魔の二歳児と格闘中です。日々の出来事をつらつらと語っていきます。

スポンサーリンク

音楽教室発表会のリハーサル

スポンサーリンク

 3月下旬の記事です。

 本日の予定

 今日は、音楽教室に行った後、保育園の園庭解放に行く。

 音楽教室は、今日の練習が終われば、次は発表会・・ちょっとドキドキ。

 保育園の園庭解放は、音楽教室が終わってからだと1時間ぐらいしかいることができないが、なるべく急いで行くつもり。来月から幼稚園だから、あと2回ぐらいしか行けないしね。

 

 アンパンマンごっこはいいけど・・

 朝食の支度をしていると、ゆえが1人で『アンパンマンごっこ』をやっていた。

 大人しくしてくれて助かるな、と思っていたら、ゆえの1人芝居のセリフが聞こえてきた。

 「おれのたににはいってきたな~やっつけてやる~」

 「よくもだましたな~」

 「だまされるほうがわるいんだよーだ!」

 ・・・えーっと・・このセリフ・・・いいのか?

 

 ・・・たぶんバイキンマンのセリフだろうけど・・

 アンパンマンってあまり教育によくないのかな・・?

 旦那曰く、『すべてを暴力で解決する番組(笑)』だそうだけど・・

 でも、悪役というか毒が全くない話だとやっぱりあきるみたいなんだよね。

 『ミッフィー』などは本当にやさしい世界で、悪役は1人もいないのだけど・・これはこれで好きなのだが、やっぱり『アンパンマン』の魅力には勝てないようだ(笑)

 一応・・悪役のセリフだとわかってて言っているからいいのかな・・?

 とりあえずスルーするが・・少々複雑な気分だ・・

 

 発表会のリハーサル

 朝食を食べて、支度をして音楽教室へ。朝から機嫌は良いので、ちゃんとやってくれればいいけど・・

 前半は、普通にいつもの音楽教室のレッスンをして、後半は発表会のリハーサルをする。

 次が本番なので、当日着る衣装のマントを着ることに。

 基本的に服装は自由なのだが、『魔女』の設定なので、服の上から手作りのマントを羽織ることになる。

 最初は別の要因で『魔女』も怖がっていたが、『怖くない魔女』もいるということにして、一応、『魔女』をするということは納得済み。

 先生がマントを持って来て、2人に渡す。

 「じゃあ、本番の衣装を着てやってみようか。」

 「イヤ。きない。」

 え・・?

 「これイヤなの。きないの!」

 あー、そういえば・・

 ・・・しまった!忘れてた!

 

 意外な落とし穴

 ゆえ・・こういうかぶり物は嫌いなんだった!まずい!

 私はマントと聞いて、両肩にピンが何かで止めるようなマントを想像していたのだが、実際は頭からずぼっとかぶるようになっている。

 もちろんその方が落ちにくくていいのだが・・いいんだけど・・こういうかぶり物系、ゆえは嫌がる。

 しまった・・衣装で躓くことは想定していなかった!

 先生と2人がかりで『発表会の時に着るだけだから』『今は練習で着るだけだよ』『ちょっとだけ着てみよう』と説明、説得して、ゆえはしぶしぶ着ることに同意。

 「・・・ちょっとだけでいい・・?」

 「ちょっとだけでいいから!」

 

 どうにか着てくれたマントの姿のゆえとすいちゃん。

f:id:rishiana:20180510055539j:plain

 (ちょっとだけよ・・)

 

 かぶせるとフリーサイズで作ってあるので、かなり大きい。当日ピンで止めないとクルクル回ってしまうな・・これは。

 

 リハーサル開始

 なんとかマントを着てくれたので、リハーサル開始。最初はどうにかマントを着て、リハーサルをしてくれる。

 

 魔法をかけているシーン。

f:id:rishiana:20180510055747j:plain

 (まほうでとぶのよ~)

 

 だけど、動いているうちに暑くなったようで、ついに『もういいの~』と先生に泣きつくゆえ。

 まだ、数分しか着てないんですけど・・

f:id:rishiana:20180510055903j:plain

  (もういいの~)(もうちょっとだけ着てよう。)

 

 「もういいの~」

 「あついの~これいやなの~」

 と、暴れ回って、とうとうマントを脱いでしまう。

 

 マントで躓くなんて・・これは予想していなかった。予想外の落とし穴・・

 確かに考えてみれば、かぶり物嫌いのゆえなので、当然予想はついたはずなのだが、私がちゃんとやるかどうかに気を取られて、衣装にまで頭が回ってなかった。

 先生と私とで、『今は脱いでいいけど、本番は着る』と約束をさせて、マントを脱いでリハーサルを続行。

f:id:rishiana:20180510060235j:plain

 半ベソをかきながら、一応最後までやるゆえ。

 うーん・・本番・・大丈夫かな?

 いきなり『やらない』とか『きない』とか言いそうな気がする。

 

 本番が不安・・

 先生からは、

 「どうしても嫌がる場合は、申し訳ありませんがお母さんも一緒に舞台に上がってももらいます。」

 と言い渡される。

 うわー・・そっちも予想していなかった!

 本番・・大丈夫だろうか・・?

 「でも、本番はゆえちゃんは案外すんなりやると思いますよ。」

 とのお言葉も頂いたけど・・そうであってほしいです(笑)

 

 意外とちゃんとやるんじゃないかな、という楽観的な考えと、いやいや逆に嫌がって泣きながら舞台にあがるかも・・というシュミレーションが頭の中でぐるぐるする。

 本当にどっちになるか予想がつかない。

 こりゃ自分が発表会に出る方が精神的にマシかも・・

 どうか明日無事に済みますように! 

 

 保育園の園庭解放

 音楽教室が終わり、気持ちを切り替えて、園庭解放をしている保育園に向かう。

 今まで使っていた園庭は、新しい保育園を立て直しているので工事中だし、小雨が降っているから今日も解放場所は保育園のホール。

 雨の時のホールでの園庭解放ってすごく助かるんだよね。子供たちも体を動かして遊べるし・・

 

 ホールに行くと、仲良しのえみちゃんがさっそくかけて寄ってきて、ゆえにボールを渡してくれる。

 えみちゃんのママのつっちゃんによると、『ゆえちゃんとボールであそぶ』と、ずっと持っていた・・というか隠していたらしい(笑)

 どうもありがとう。

 楽しそうに遊んでいる2人。

f:id:rishiana:20180509212106j:plain

 (ボールであそぶの~)

 

 最近は、2人で遊んでいるとるい君が寄ってくる。

 るい君は、前はおねえちゃんが遊んでいても『我関せず』で1人で好きなことをしていたのだが、最近は、お姉ちゃんたちの仲間に入りたいようだ。

 今回も椅子に座りたいようで、ゆえとえみちゃんの椅子を交互に引っ張るが2人とも知らん顔。

f:id:rishiana:20180509212509j:plain

 (だめよ。ゆえちゃんのよ。)

 

 えみちゃんは、前はるい君が来ても知らん顔だったが、最近はちょっとお姉ちゃんらしくなって、るい君とも遊んであげることがある。

 ただ、やっぱりるい君が遊びについてこれないので、途中から放置になるのだが・・

 

 ホールの解放時間が終わって、駐車場に戻る。やっぱり途中から来るとあっという間に終わるね。

 雨はもうやんでいて、傘はささずにすんだ。

 えみちゃんとゆえ、2人でお手手をつないで車まで行く。なんか、微笑ましい(笑)

f:id:rishiana:20180509212829j:plain

  小さい子が手をつなぐとなんか可愛いんだよね(笑) 

 

 明日は発表会・・

 さて・・明日は音楽教室の発表会。

 「あしたはちゃんとマントをきる。」

 「じーじとばーばがみにくるからがんばってやる」

 と、お約束はしたけど・・どうだろう・・

 ちゃんとやるか、嫌がるが・・本当に予想がつかない。

 

 明日、観に来る予定の私の親は、

 「小さい子はそういうところあるから、やらなくても気にしなくていいよ。」

 と、言ってくれているけど・・

  先生は言うには、毎年、嫌がってママに抱っこされて舞台にあがる子が何人かはいるそうだ。

 他の教室と合同でするので、10人ぐらいの同じ年の子と舞台にあがることになる。

 周りに流されてちゃんとやってくれるといいけど・・

 

 どうなることやら・・

 ゆえ、明日、頑張ろうね!