晩婚、高齢出産・育児であたふたしている高齢ママのブログ

40歳で結婚、41歳で出産、現在魔の二歳児と格闘中です。日々の出来事をつらつらと語っていきます。

スポンサーリンク

お弁当と娘のグズグズ

スポンサーリンク

 今日の予定

 今日は市で開催している親子体操教室に行く。その後、数人のメンバーと施設内にあるちょっとした休憩所みたいなところでお弁当を食べてから、今度行く幼稚園の制服のサイズを測りに行く予定。

 この休憩所は、絵本やちょっとした大人の本が置いてあり、『お弁当』は食べてよいことになっている。お菓子などはNGのようだ。

 張り紙に『お弁当以外は飲食禁止』と書かれていて、ちょっと面白かった。

 

 メンバーは同じ幼稚園に行くお友達のえみちゃんと大君。

 ゆみちゃんはお弁当は一緒に食べるけど、お兄ちゃんが幼稚園から帰ってくるので制服のサイズを測りに幼稚園へは一緒に行かないこととになっていた。

 

 幼稚園の制服のサイズは、10月の入園手続きの時に測ってはいるのだが、2月の制服の申し込み前に測りたい人はもう一度測りに来ても良い、ということになっている。

 この場合は個別に申し込むので、えみちゃんのママのつっちゃんが幼稚園に電話して、この日に決めてくれた。

 

 お弁当、大好き!

 そういうわけでこの日は朝からお弁当作り。そんなに気張らなくてもいいのだけれど、同じ年のお友達と初めて一緒にお弁当を食べるので、ちょっとだけ気合いが入る。キャラ弁とはいかないまでも、ちょっとは可愛いお弁当にした方がいいのかな。

 家族だけで公園に行ってのお弁当の場合は、結構適当なんだけど・・(笑)

 

 お弁当を作っている途中で、ゆえが起きてきて

 「お弁当?ゆえちゃんの?ゆえちゃん食べていいの?」

 と、ニコニコ。

 「まだだよ。これはお昼ご飯だから、体操教室が終わったら食べるんだよ。」

 と、言うが、ゆえは自分のお弁当箱の前から動かない(笑)

 どうも危険なので蓋を閉めたら、そのままお弁当を持って別の場所へ移動。お弁当箱を真ん中に置いて何かごっこ遊びを始める。

 そんなにお弁当楽しみですか・・?

 

 車の相乗り

 そして、今日は親子体操教室に行くのに、つっちゃんの車の乗せてもらうことになっている。というのが、この親子体操教室がある体育館、施設の規模に比べて、駐車場に停めれる車の数がすごく少ない。なるべく相乗りで来て下さい、とのこと。

 

 つっちゃんの車は8人乗りで私とゆえが乗っても大丈夫。『良かったら一緒に・・』とのお言葉に甘えることにした。

 まあ、それだけでなく、帰る時は、ゆえとえみちゃんがいつも徒党を組んで『帰らない。』というので、だったら一緒の車に乗った方がまだマシかな、という計算もあったんだけどね。

 

 私の車は軽なので、つっちゃんとえみちゃん、るい君の3人は乗せられない。必然的につっちゃんの車になってしまう。

 つっちゃん、ごめんね。ありがとう。

 

 タイミング悪過ぎ・・

 つっちゃんから『今から出る』とラインをもらったので、ゆえと私も荷物を持って、外にでる。車だと2分もかからないところなので、すぐに来るかな、と思っていたら・・

 「おしっこ!」

 え?このタイミングで?

 家を出る少し前に聞いた時は、

 「おしっこでない!」

 って言ってたんだけど・・

 

 あわてて家に戻ろうとした時に、つっちゃんの車が来た。

 訳を話して、急いで家に戻って、トイレを済ませて、つっちゃんの車に乗る。

 もちろん漏らすより良かったのだが・・せっかく早めに来てくれたのに・・申し訳ない・・

 体育館の駐車場に着いたら、だいぶ埋まっていた。ちょうど出る車があって、そこに入れる。良かった・・

 これで駐車場に停められなかったらどうしょうかと思った。

 

 親子体操教室

 ゆえは、えみちゃんと一緒に体育館に入り、さっそく走り回る。大君や他のお友達も来ていて、ボールなどを使って遊んだり、走り回って遊んだりしている。

 ちなみに今日はものすごーく寒い。親は厚手の服を着て、寒くて上着も脱げない。正直手袋もしたいぐらいだったが・・それはさすがにやめておいた。

 他のママさんたちに聞くと、貼るホッカイロなどを貼ってきたらしい。

 はい、私もです(笑)

 体育館は暖房入らないからね・・

 

 ある程度自由遊びが終わって、みんなで体育館を何周も走り、ジャンプして体を温める。そして、音楽をかけて体操をする。

 ゆえは、いつもよりはママにべったりではあったが、ここは親子一緒に体操をするので、一緒に柔軟したり、ジャンプしたりして、ゆえはご機嫌。

 たまに近くにいるお友達と遊んだりしながら、ニコニコと笑いながら、ママと体操。

 

 縄跳び

 そして次は縄跳び。先生に縄跳びをもらいに行く。

 縄跳びとは言っても、実際にジャンプの縄跳びをするわけではない。

 最初は、縄跳びの端を持って、縄跳びの端を捕まえるまでママと追いかけっこ。最初はママが逃げて、次は子供が逃げる。

 ゆえはこれはすごーく楽しそうにやっていた。何度も笑いながら走り回る。

 ここまでは上機嫌だった。すごく積極的にしていたし、今日は調子いいな~、と思っていた。

 

 突然のイヤイヤ

 ところが、今度は縄跳びで尻尾取りのゲームをすることになったら、急変。たぶん意味がよくわからなかったこともあったのかもしれないけど・・

 「もういい。ここイヤ。」

 「えー、もうちょっと遊ぼうよ。」

 私もなんで急に・・?とびっくり。

 

 「もういい。お弁当食べる。」

 ・・・そっちかい!

 お弁当を持ってきたの知ってるからな~

 

 「お弁当は体操が終わってからだよ。」

 「今食べるの~向こうでお弁当食べようよ~」

 ありゃりゃ・・家族で公園でお弁当食べる時は、ゆえがお弁当を食べたがったら、お昼ご飯には多少早い時間であっても、先に食べさせたりしているからな~

 あれがあまり良くなかったか・・

 

 「寒いよ~向こうのお部屋に行って、お弁当食べようよ~!」

 「そんなこと言っているゆえだけだよ。他のお友達は体操しているよ?」

 「もういい!おうち帰るの~」

 

 ・・・なんでこうなるかな~

 縄跳びが終わっても、機嫌は直らず、ずっとグズグズ。

 マットが出てきた時は「でんぐり返り」をして、ちょっと機嫌が直ったかと思ったが、その時だけ。あとはずっとぐずぐず

 「ママ、抱っこ~!」

 「おうち帰るの~」

 「お弁当食べるの~」

 ・・・なんで?

 

 今までは途中でちょっとぐずることがあっても、最後までやったのに、今回は後半はまるっきりやらなかった。

 途中で同じようにぐずぐず言っていた男の子のお母さんが、

 「えらいな~私やったらとっくに怒鳴ってるわ~」

 と、言われた。

 「いや、私もここまででかかってるよ。抑えてるけどね(笑)」

 その男の子は最後の方だけはやらなかったけど、あとはそこそこ体操していたように見えたけどな~

 

 その男の子とママは、

 「じゃあおうち帰ろうか?」

 「おうち帰らない!」

 「じゃあちゃんとやりなさい!」

 「ヤダ!」

 と言うようなを会話していた。

 わかるな~

 このどうしたらいいの?という状況・・

 

 「短気だから1日5回以上怒鳴っちゃってる。」

 と、男の子のママは言っていたが、私も怒鳴りたい気分になる時が一日に何度もある。ましてや元気のいい男の子じゃそうなるよね~

 

 特に、周りのお友達が楽しそうに他のことをやっているのに、1人でイヤイヤ言っている状況は本当にこっちがイライラする。

 ましてやうちの子は・・

 「お弁当食べようよ~!」

 ・・・なんでこうなるかな?

 朝ご飯、たっぷり食べたやん!

 

 本当に怒鳴りつけたくなるが・・そこは抑えて、なんとかなだめようとするが・・ダメ。

 「もうヤダ!」

 「お弁当食べる!」

 「向こう行こうよ!」

 「おうち帰る!」

  ・・・・最後には私も無言に・・

 最後の音楽かけての体操は、抱っこしてゆらゆらしていたら、ちょっとご機嫌に・・

 

 私にとっては精神的拷問のような体操教室の後半・・ようやく終わった。

 本当私の方が帰りたかった・・

 

 途中で持ち直さないかと思っていたけど、ダメだったか・・

 結局後半は全然やらなかった・・

 

 お弁当を食べる

 そして皆で休憩室に集まってお弁当。

 ゆえは、あれだけお弁当を欲しがっていただけあって完食しました(笑)

 

 お弁当、皆キャラ物の可愛いお弁当入れに入れていた。

 今のところ本人は気にしてないが、ゆえにも、もうちょっと可愛いのお弁当箱やお弁当入れを買ってあげないとダメかな・・

 ちなみに他のお友達は、完食していないというのもあるが、すぐ食べ終わって遊び始めたが、ゆえは1人で最後まで食べていた。

 

 作ったお弁当を食べてくれるのは本当にうれしいんだけど・・

 なんていうか・・ちょっとモヤモヤっとした気持ちになってくる。

 

 幼稚園へ

 食べ終わって、まだ遊ぶと言う子供たちをかかえて、車へ戻って、幼稚園に向かう。

 つっちゃんの車に乗るが・・

 「ママの車が良かったのに・・」

 

 うーん・・ゆえがこの調子だとつっちゃんの車で来たのは失敗だったか?

 このグズグズをママと2人の車の中で立て直した方が良かったな~

 

 1か月前の市の親子体操教室では、ちょっとぐずぐず言うこともあったが、一応最後は楽しくやっていたし・・こんな状態になるとは思わなかった。

 一応、車の中でえみちゃんと仲良くお話して、多少持ち直したようだが・・ちょっと心配だ。

 

 幼稚園に到着。受付を済ませて、制服を出してもらう。

 そして・・予想はしていたが、子供たち・・着るのを嫌がる。

 幼稚園の廊下には面白そうなものがいっぱいあるので、そっちに夢中になっている。

 そして、他の子がどうにか着ても、ゆえは廊下を逃げて、隅っこに座りこんでいる。

 この時点で私はもううんざり。

 

 「制服着ようよ。」

 「着ない。」

 

 「4月になったら、えみちゃんも大君もゆみちゃんも一緒にバスに乗って幼稚園に行くけど、ゆえだけ行かないの?」

 「・・行く。」

 良かった。行かない、と言われたらどうしょうかと思った(笑)

 

 「じゃあ、制服ちょっとだけ着てみよう。」

 「着る。」

 

 やれやれ・・

  ようやく目的の制服を試着できる。

 

 ゆえは2月生まれで体も大きい方ではない。制服、なるべく大きめものを買いたいと思いはするが・・110が限度だな~

 本来は100でも大きいぐらいなんだけど・・

 同じく2月生まれの大君も110。

 えみちゃんは4月生まれで大きいが・・120が限度みたい。さすが130だと大きい。

 幼稚園の制服・・なるべく買い替えは避けたいが、3年保育だと1回は買い変えないとダメだろうな~

 

 ようやく遊びモードに

 制服の試着が終わり、入口を出る。入口を出てから、駐車場に出る前のスペースの間にちょっとした滑り台と海賊のお船の遊び場がある。

 子供たちが『公園に行きたい!』と言っていたので、とりあえずここで少しだけ遊ばすことに・・

 

 ゆえと、えみちゃんと大君、そしてえみちゃんの一つ下の弟のるい君も交じって遊具で遊びだす。

 ゆえはようやくここでお友達と遊べた感じだ。

 駐車場への出入り口だけ注意していれば、車も来ないし、安心だ。

 

 午前中はすごく寒かったが、ちょうどこの時間、日が射してきて、だいぶ暖かくなり、外にいてもなんとか寒さは我慢できる程度にはなってきた(笑)

 

f:id:rishiana:20180203152530j:plain

 海賊船に乗ってゆーらゆら。楽しそう。

 

 何故か海賊君に夢中な女子たち(笑)

f:id:rishiana:20180203152605j:plain

 飽きずに遊んでいました。

 

 そして、何故かうちの娘・・海賊君が起きに入り。

f:id:rishiana:20180203152713j:plain

 なでなですると・・

 

 

f:id:rishiana:20180203152745j:plain

 チュッ。

 え?なんで?

  後で聞いたら『チョコレートなの』と言っていた。

 海賊君をチョコレートに見立てて食べてたの・・?

 

 もう少し遊ばしてあげたかったが、あくまで幼稚園には『制服の試着』で来ているので、あまり長いするわけにもいかず早々に引き揚げることに・・

 

 やっぱり帰りは逃走

 だけど、やっぱり帰る時が一苦労。

 えみちゃんとゆえ、駐車場に向かって歩いていたら、横にある空き地?に突然逃走。

 駐車場側には、出ないようには気をつけていたが、段差があるこっちの空き地に入り込むとは思わなかった。

 

 追いかけるが、下がかなりぬかるんでおり、氷も張っていて、ちょっとドキドキだった。ゆえ、氷に乗って「パリッ」と割れる、という体験をしてました(笑)

 さすがにびっくりしてあわててこっちに駆け寄ってきていました。

 落ちても、泥水にハマるだけだけどね。

 

f:id:rishiana:20180203153158j:plain

  草の下に氷が張っていた。

 

 まさか、駐車場から横にある土地にいきなり逃亡するとは思わず、びっくり。

 やっぱり私1人で2人とも捕まえるのは、ちょっと無理。ましてや道ではないので、四方八方に逃げられる。

 やっぱりつっちゃんが一度るい君を車に入れて、えみちゃんを捕まえにくる。それぞれの娘を確保して、車へ戻る。

 大君のママの中ちゃんがるい君を見ててくれた。

 

 いつもこの2人が逃亡するんだよね。と言うか逃亡するのがもはや遊びになっている。親から逃げ回るのが楽しいんだろうな~

 それはわかるんだけどね・・

 

 疲れた・・

 家に帰ってなんかぐったり。

 

 親子体操教室で、まだみんな楽しく体操しているのに、1人『お弁当食べるの~』と駄々をこねるのはなんなんだろう。

 お弁当を楽しみにしているのはわかるが、他の子はお弁当があるのがわかっていても、ちゃんとお昼まで待っている。

 

 次からは、お弁当を作るところを見せない方がいいのかな。

 それとも家族で公園に行ってお弁当を食べる時も、お昼の時間にならないと食べない、というのを徹底しないとダメなんだろうか・・?

 それとも『お弁当』は口実で体操教室がイヤだったのかな~

 でも、前までは多少ぐずることはあっても、楽しそうにしていたんだけどな~

 

 最近、やたらママっこになってるし・・精神的にちょっと不安定なのかな~

 

 イヤイヤ期って言うのは、『自分でやりたい』『ママから離れたい』と言う気持ちと『ママから離れるのが不安』という気持ちが重なり合って出てくる、と何かで読んだことがある。(記憶があいまいだけど・・)

 

 そういう時期的なもので不安定なのかな~

 できるだけ甘えたい時は甘えさせているつもりなんだけど・・

 

 娘は娘で人と比べたらダメだとわかっている。わかってはいるんだが・・他の子が楽しくやっている時に、1人駄々をこねているのを見るのはやっぱり親としてはきつい。

 娘なりの理由があるとわかってはいても、『どうしてやらないの!』と思ってしまう。

 嫌なことをさせているつもりはないんだけどな~

 何かでスイッチが入ったのかな~

 

 私ももう少し余裕をもって接するように努力しないと・・・

 

 今日はママもちょっと疲れちゃったけど・・ゆえもたぶん疲れているよね。

 また、一緒に頑張ろうね。

 

 関連記事

 

www.yue-mama.com

www.yue-mama.com

www.yue-mama.com

www.yue-mama.com

www.yue-mama.com

www.yue-mama.com