晩婚、高齢出産・育児であたふたしている高齢ママのブログ

40歳で結婚、41歳で出産、現在魔の二歳児と格闘中です。日々の出来事をつらつらと語っていきます。

スポンサーリンク

じーじばーばと年末の旅行・・1日目(3)

スポンサーリンク

 前記事はこちら

 じーじばーばと年末の旅行・・1日目(1)

 じーじばーばと年末の旅行・・1日目(2)

 

 携帯受け取りに・・

 車に乗って急いで、日帰り温泉をした『グリーンホテルプラザ東条湖』へ戻る。車で5分もかからないので、すぐに着いた。

 ただ・・夜の山道(?)・・1人で運転は、ちょっと怖いです。比較近いところで良かった。

 フロントで携帯の色だけ確認されて、すぐに返してもらえた。『受取証』みたいなものを書くかと思っていたけど、口頭確認だけですんで助かった。

 すみません、ご迷惑をおかけしました・・

  

 突然の発熱

 往復で10分もかからなかったので、夕食には間に合う時間に戻れた。ホッとしながらホテルに入ると、父がフロントにいた。なんで?

 「ゆえちゃん、熱があるみたいだから、体温計を借りに来た。」

 へ?

 

 体温計は、念のために持ってきていたので、フロントへはお礼だけ言って父と一緒に部屋へ戻る。

 部屋では、ゆえは母に抱っこされてぐったり・・というか眠っていた。

 体を触ると確かにちょっと熱い。とにかく寝かせたまま熱を測る。

 38度・・

 なんで!?

 私がホテルを出るまでは熱はなかったはず・・それにパズルで元気に遊んでいたのに・・

 温泉がまずかったか・・?

 

 大失敗!

 仕方がない。旅行中だし、あんまり使いたくないけど解熱の座薬を・・とゆえ用の薬が入っているポーチを開けて・・あれ?座薬がない!

 

 ・・・よーく考えてみると・・座薬は家では、冷蔵庫の中に入れてある。いつも旅行の時は必ず持ってくるのだが・・今回入れた記憶がない。

 忘れた!?よりによって・・こんな時に?

 

 娘は10カ月の時に熱性けいれんをおこしている。

 それぞれ医師により考え方は違うようだが、私が最初に見てもらった小児科の医師からは、けいれんを起こした後は、熱が出たらけいれん止めの座薬を必ず入れるように言われていた。

 

 そして、現在、何かあればお世話になっている小児科の医師からは『最初のけいれんから2年間、けいれんを起こさなければもうけいれん止めの座薬は使わなくていい』と言われている。

 その2年は先月で終わっており、けいれん止めの座薬も先週熱を出した時に使って無くなった。

 だが、2年は過ぎているので、あとは様子を見ながら、解熱で対応したからいいかな、と思っていたのだが・・

 気の緩みがあったのか・・よりによって両親との旅行の時に解熱用の座薬を忘れてくるとは・・

 

 熱は38度ちょうど・・普段ならけいれん止めの座薬を入れるんだけど・・

 でも、たぶん今自宅なら、この体温なら解熱の座薬は使わず様子を見る。

 

 両親との旅行で興奮しただけかもしれないし・・しばらく様子を見ることに・・

 ただやっぱり心配なので、市販の風邪薬を飲ませる。

 1歳から飲める風邪薬で、使ったことはないが、念のために持ってきたものだ。なんでこれを持ってきているのに、座薬を忘れるかな~

 

 今まで市販の風邪薬は飲ませたことがなかったが・・旅行中ということもあり、今回初めて使うことに・・

 無理やり起こしたので、ちょっと怒っていたが、半分ぐらいは飲んでくれた。そしてすぐにまた寝た。

 今日、昼寝をしていないのもあるが、やっぱり熱でしんどいのだろう。

 

 夕食

 食事の時間になったので、食事する部屋に行く。とはいっても、隣の部屋だったんだけどね。

 泊まっている部屋と、全く同じ作りの部屋で、そこで食事だけする。これは便利かも・・ふた部屋使っているみたいなものだ。

 食事の用意をしてくれたスタッフの人に『熱があるので座敷に寝かせる』という話をしたら、子供用の布団を用意してくれた。

 助かりました。ありがとうございます。 

 

  ゆえが具合が悪くて寝ているので、あまり盛り上がらないが、とりあえず私と父と母とで乾杯して、食事にする。父はビールで乾杯。

 食事は、ちょっとした刺身や前菜とすき焼き!

 施設は古いが食事はおいしいと口コミにあったが、その通りでお肉がめちゃくちゃ柔らかくて美味しい。前菜も味付けがやさしい味で美味しい。

 

 ゆえが熱出しちゃったし、両親に悪かったな、と思っていたのだが、母が

 「子供はこういう時、急に熱を出すのよ。よくあることだから。」

 と言っていてホッとした。

 

 食事は美味しかったが、高齢の両親と私だけではお肉は全部食べきれず・・

 残すのも、母が『もったいない!』とのことで、全部焼いて、母が持ってきたタッパーに・・

 いいのか・・?

 

 まあ、ゆえが起きたら食べさせるということで・・スタッフの方に了解は取った。

 スタッフの方が気をきかせて、おにぎり用のラップとのりを準備してくれたので、残ったご飯は遠慮なくおにぎりにする。

 

 ホテルのスタッフ方、布団やおにぎりやら配慮いただいてありがとうございます。

 

 ドラッグストアへ

 食事が終わってから、ゆえの様子を見る。熱が少し上がっているようだ。

 寝ているからだと思うが、たまに『ピクッ』と動く。

 2年前、熱性けいれんを起こした時に、『ビクッ』と一瞬動いて、驚いて自分で泣くというのを何度か繰り返してから、最終的に熱性けいれんを起こしたのを思い出した。

 (熱がある小さい子供にはよくある症状で、これがあったから熱性けいれんになるものではないらしいです。)

 その時の『ビクッ』というのとは違うようだが、急に不安になってきた。

 

 タブレットで検索すると、車で10分ぐらいのところにまだ営業しているドラッグストアがあった。

 念のために、市販薬の解熱剤・・座薬を買いに行くことにした。

 

 ゆえを親に頼んで、車へ戻り(お酒、飲んでなくて良かった)、カーナビで検索する。

 電話番号で入れたら『ピンポイント情報がありません』・・・おい!

 次は住所・・さすがにあるだろうと思ったら、『ピンポイント情報がありません。代表地点を示します。』・・・なんで!?

 夜で真っ暗だし・・初めてのところだし・・

 カーナビ・・頼むよ・・

 

 仕方がないので、とりあえず代表地点まで車で行く。暗いし、少々怖いが・・車が少ないのが助かる。

 代表地点に来るが・・やっぱり何もない・・

 しばらく近くを回るが・・何もない・・

 タブレットでもう一度場所を確認。暗いから目印もわかりにくい・・だからと言ってこのまま帰るわけにもいかないし・・

 このあたりだと思うんだけど・・車でゆっくりまわっていると目印のコンビニを見つけた。

 そこから道まっすぐ行ったらあるはず・・見つけた!

 

 夜24時までやっているドラッグストアで、処方箋も取り扱っている大きな店だった。

 かなりホッとした。

 

 薬剤師さんに確認して、子供用の座薬・・市販薬を買う。

 帰りはすんなり帰れたけど・・やっぱりカーナビ・・どうにかして!

 

 宿の部屋に戻ったら、ゆえは目を覚ましていた。

 

 続きます。