晩婚、高齢出産・育児であたふたしている高齢ママのブログ

40歳で結婚、41歳で出産、現在魔の二歳児と格闘中です。日々の出来事をつらつらと語っていきます。

スポンサーリンク

2歳10カ月の娘、オムツ卒業・・間近?

スポンサーリンク

 トイレトレーニング

 トイレトレーニングを本格的に始めたのは2歳4か月の頃・・7月からだ。

 そろそろやらないと・・と思って始めたが、結果は惨敗。全くオムツ取れず・・

 

 一時中断して、秋頃再開することに。

 たまに『おしっこでる』と言うようになるが、数日に1回レベル。

 これに関する過去記事はこちら

 

www.yue-mama.com

www.yue-mama.com

www.yue-mama.com

www.yue-mama.com

 

 そして、数日に1回教えるようになってから・・お腹を壊した。

 下痢とゆるいウンチの中間ぐらいのうんちが一日に何度も出る。

 一週間ぐらいでおさまったが、その間トイレトレーニングは中断した。さすがに本人もコントロールできない状態で、パンツを履かせる根性はなかった。

 

 お腹の調子も戻って、本人も元気になり、さて、そろそろトイレトレーニング再開するかな、と思ったが、一時中断したことと、寒くなってきたこともあって、私もあまり気合いが入らない。

 年末に旅行も行くし、旅行から帰ってからでもいいかな、なとどのんきに考えていた。

 

 ちなみに同じ早生まれのお友達のお母さんは『幼稚園に行くまでの貴重な時間、楽しく過ごしたいからトイレトレーニングは一旦やめた』と言っていた。

 

 私は、そこまでは思わなかったが、とりあえず一旦休息を挟むかな~、と本人が希望した時だけパンツにして、後はオムツで過ごすようになった。

 夏と違ってオムツかぶれもあまりなくなったし・・

 

 「パンツがいい!」

 ところが変化は唐突に訪れた。急に『パンツがいい』と言いだした。

 家の中だけでなく、外に行く時も『パンツで行く!』と言ってきかない。

 でも、だからと言って、トイレが成功しているわけではない。

 

 仕方がないので、頑として譲らない時だけ

 「パンツだから『おしっこ』『うんち』は絶対に教えてね。」

 と何度も念押しして出かけた。

 その時は外では漏らすことはなかった。本人もその時は自覚していたのかな~

 

 ただ、そろそろ2時間経つし・・と思って

 「トイレに行こう。」

 と誘っても

 「おしっこでない!」

 と言ってあまり行ってくれない。

 5時間以上、トイレに行かない時もあった。でも、漏らしてはなかったから、本当に行きたくなかったのだろう。

 

 2歳児ってそんなに長い時間、トイレに行かなくても大丈夫なものなんだろうか・・?

 

 きっかけは・・

 そして、私の実家にゆえを預ける日に『パンツがいい!』と言いだした。

 うーん・・どうするかな~

 

 一応、実家に了解を得て、じーじばーばのところだし・・いいか、とパンツで行かせた。もちろん、替えのパンツとズボンを多めに用意した。

 そして、夕方お迎えに行った。

 

 結果・・2回おしっこを漏らして、パンツズボンを取り換えた。

 3回目はさすがにオムツにしたが、その後『うんち』を教えた、とのこと。

 漏らしたのはともかく、『うんち』を教えたのはびっくり・・

 

 そして、これがきっかけとなる。

 

 「おしっこでる」・・唐突に教え始める

 その日、家に帰ってから、『おしっこ出る』と、2回教える。

 実家で漏らしたのが、嫌だったのかな、と思いながらも、たまたまかな、と思っていた。

 ところが、それから『おしっこ』は、オムツであってもほぼ教えるように・・

(『うんち』は、あまり教えてくれず、うんちポーズをとっているのに私が気付き、トイレに連れていくと、ギリギリ間に合ったり、間に合わなかったり・・という感じだった。)

 

 だが、実家で2回漏らしてから、確実に 教える回数が増えていった。

 正確に言うと、『うんち』以外はほぼ完ぺきになった。

 

 正直、かなりびっくりした。

 

 外に出る時も、本人希望で毎日パンツになったが、一度も漏らさず、ちゃんと教えてくれた。

 きっかけは間違いなく実家での出来事だったと思う。

 『教える時がきたら教えるようになる』とは聞いていたが、本当にその通りだった。

 

  オムツを外すには・・この子の場合・・

 トイレトレーニングが停滞していた時、トイレトレーニング関連のことをネットで調べたが、ゆえの役に立ちそうなものはあまりなかった。

 

 「おしっこの感覚を覚えさせる」

 「トイレに興味をもたせる」

 「成功体験を重ねる」

 「パンツを履かせる」

 

 これらのことは、すべて終わっていたからだ。

 

 『おしっこ』の感覚はわかっていたし、トイレに座っての『おしっこ』も何度も成功している。

 なのに教えない。気分によってトイレを嫌がる。

 

 タイミングをはかって誘っても、ダメ。

 パンツを履きたがるが、何度失敗しても、それで『おしっこ」教えることはなかった。

 徐々に教えるようになってきたが、それでも1日に1回教えれば良い方だった。

 今回、実家で失敗するまでは・・

 

 ゆえの場合は、感覚もわかっていたし、トイレでおしっこもできていた。

 トイレで用を足す基礎はできていた。なのに、やらない。

 私は『できない』のではなく、『やらなかった』のではないかと思っている。

 

 だから、本人が『トイレでするのが当たり前』と自覚しないとダメだったんだと思う。

 

 本人の気持ちの問題だったんだと思う。

 えみちゃんがたまに『おしっこでる』と言ってトイレに行くのを見ていたのも影響していたのかもしれない。

  

 今まで失敗したことは何度もあったが、今回『実家で失敗した』というのがショックだったのかもしれない。

 

 今回のことは、本当に『その子のタイミングがある』という言葉がぴったりだった。

 この時期に、急に教えだしたのが、『ゆえのタイミング』だったのだろう。

 

 オムツ卒業・・間近?

 そして、今年最後の一時保育の日。

 本人は『パンツで行く!』ときかない。保育園だし、先生に迷惑がかかるかも・・と説得にかかるが、本人は頑としてきかない。

 

 うーん・・今までずっと保育園ではオムツをさせていたが・・今回は大丈夫のような気がする。

 

 本人も譲らないし、私から見ても、今は、明らかに『オムツがとれるタイミング』に違いない。

 

 結局、パンツとオムツを両方保育バックに入れて、保育園に行き、先生に事情を説明する。

 先生は快く了承。こういうことは慣れているのだろう。

 

 結果・・全て成功。

 お昼寝の時だけオムツにして、ちょっとだけ濡れていたが、後は全て成功したらしい。

 

 よーし!これは・・オムツ・・卒業間近?

 

 そして12月28日からの旅行。

 私とゆえ、実家のじーじばーばと2泊で遊びに行った。

 (パパは1人で東京へ遊びに行ってます。)

 

 ちょっと悩んだが、これもパンツで強行する。

 車のチャイルドシートで失敗したらどうしょうかと思ったが、それはなく・・昼寝をした直後のちょっと寝ぼけている時と、遊びに夢中になっている時の2回だけ漏らしてしまったが、後は成功。

 ちゃんとうんちも教えた。

 

 夜はオムツだったが・・朝も濡れてなかった。これはすごい!

 

 今は、『うんち』はまだ失敗することがあるが、おしっこは全部成功している。

 よーし!

 これは・・オムツ半分以上外れたと言っていいのでは・・?

 

 オムツ外れた、と思っていたら、またダメになった、という例もあるみたいなので、楽観はできないが、この分だと4月からの幼稚園には間に合うだろう。

 

 本格的にトイレトレーニングを始めて半年!ようやくオムツが取れそうだ!

 あとは『うんち』だけだね。

 『うんち』も教えることはあるから、あとちょっとだと思うんだけどな~

 

 あと少し、一緒に頑張ろうね!

 

 最後に一言。

 『やったー!』と、叫びたい気分です(笑)